銀行系カードローン人気ランキング

カードローンのご利用をご検討中の方におすすめなのが安心して利用できる『銀行系カードローン』です。

 

ところで、『銀行系カードローン』って一体どんなサービスでしょう?

 

当サイトでは銀行系カードローンの審査や申込方法について、銀行系カードローンの人気ランキング、さらには計画的な返済のために考えておきたいことなど、カードローンを利用の前に知っておいて頂きたいことを紹介中です。

 

公式サイトへ

銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三菱UFJフィナンシャルグループ 3.0%〜18.0% 800万円 最大30日間
審査時間 フリーター・パート レディース 即日振り込み
最短30分

>>詳細・申し込み

 

アコムの特徴

三菱UFJフィナンシャルグループの一員ということもあって、アコムは消費者金融の大手として知られており、キャッシング機能に特化したカード以外にもクレジット機能が付加されたカードが存在するといった独自性も持っています。

 

その他にもアコムでは、カードローンを利用する際に利息がかからない期間を設ける等、利用する側のことを考慮した嬉しいサービスが行われていることも忘れてはいけません。

 

大手と呼ばれる消費者金融は他にもいくつかありますが、アコムの場合は古くから存在する企業であり、他のところと比べても最上位とも言えるサービスが確立された会社となっているようです。

 

こんな人におすすめ

  • 無利息キャッシングを利用したい
  • むじんくんで誰にも合わずに利用したい

 

初めてのアコム

 

 

公式サイトへ

 

 

銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
SMBCグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間※1
審査時間 フリーター・パート レディース 即日振り込み
最短30分 ○※3 ○※2

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

※2 平日14時までにWEB契約完了が必要

※3 フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

>>詳細・申し込み

 

プロミスの特徴

テレビコマーシャルで目にすることが多いプロミスですが、プロミスという会社は存在しません。フリーキャッシングとして私達にサービスを提供しているのは、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社という名前の会社であり、プロミスというのはサービスの名称です。

 

また、SMBCグループと資本面で提携していることから、信頼性、財源、サービス等といった面に関しては非常に優れたものとなっており、日本国内のあらゆる場所で、好きな時に簡単にキャッシングを行うことが可能なのがプロミスのキャッシングの魅力となっています。

 

こんな人におすすめ

  • スピード対応のカードローンがいい
  • 無利息期間を自分に合わせて選びたい

 

パッとピッとプロミス

 

 

公式サイトへ

 

 

銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
オリックス銀行 1.7%〜17.8% 最高800万円 無し
審査時間 フリーター・パート レディース 最短即日振込
○※1 無し

※1.原則、毎月安定した収入のある方。

>>詳細・申し込み

 

オリックス銀行の特徴

店舗を持たない銀行の一つとして挙げられるのがオリックス銀行であり、人材に関わる費用等を減らしつつ、質の高いサービスが存在することで広く知られている銀行です。

 

オリックス銀行では、他の金融機関とは違って、全部の金融サービスに力を入れることはせずに、オリックス銀行ならではのサービスを提供していくことに力を入れ、それが売りともなっています。

 

それが現在においては、あらゆる方が利用することを想定したカードローンが登場していますし、店舗を持たないことで費用面が削減できることから、他の銀行より安い手数料でお金が借りることが可能となっています。

 

こんな人におすすめ

  • 信頼性の高い銀行カードローンを利用したい
  • 提携ATMが豊富で便利なカードローンがいい

 

しなやかにオリックス銀行カードローン

 

 

公式サイトへ

 

サービス名 実質年率 融資枠 無利息期間
SMBCモビット 3.0%〜18.0% 800万円 なし
審査時間 フリーター・パート レディース 即日振り込み
10秒簡易審査 ○※1 なし ○※2

※1、パート、アルバイトなど安定した収入がある方

※2、14:50までの振込手続完了が必要です。また、審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

>>詳細・申し込み

 

SMBCモビットの特徴

三井住友銀行グループのSMBCモビットは、インターネット上で手続きの全てを完了できる(WEB完結)といったことが一番の売りとなっています。

 

そのため、お申込みの確認の電話連絡なしにできます。ちなみに、SMBCモビット以外の消費者金融、或いはクレジットカードを作るとなった際には、電話連絡や自宅への書類の郵送は避けられないものとなっています。

 

また、パソコン、スマートフォンはもちろん、郵便や電話、自動契約機でもお申込みができるといったことから、現在のところ、最も利便性の高い消費者金融と言っても過言ではありません。

 

こんな人におすすめ

  • 独自の便利なサービスを利用したい
  • WEB完結で誰にもバレずに利用したい

 

スピード感あふれるSMBCモビット

 

 

公式サイトへ

 

銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三井住友フィナンシャルグループ 4.0%〜14.5% 10〜800万円 無し
審査時間 フリーター・パート レディース 即日振り込み
○※1 なし

※1.原則、毎月安定した収入のある方。

>>詳細・申し込み

 

 

公式サイトへ

 

銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
みずほ銀行 2.0%〜14.0% 最高800万円 無し
審査時間 フリーター・パート レディース 最短即日振込
○※1 無し

※1.原則、毎月安定した収入のある方。

>>詳細・申し込み

銀行系カードローンを選ぶポイント

銀行系カードローンを選ぶときにチェックしておくポイントをまとめました。

 

そもそもカードローンには、どのようなメリットがあるでしょうか?

 

まず、お金の使途が制限されないですし、契約によっては利用限度額まで何度も使うことができます。したがって、計画的に返済していくことが可能な金額であれば、緊急時の借入としては便利なものであります。

 

さて、実際にカードローンを利用しようと思うと、たくさんある中からどのカードローンを選べばよいかわからなくなってしまいます。その中で、どのような基準で選んでいけばよいでしょうか?

 

金利と手数料

やはり金利や手数料が低いものはよく選ばれているようです。金利が低ければ、返済していくときの負担も少なくて済むので、金利が低い方が良いでしょう。

 

→金利で選ぶ

 

利用限度額

今どのくらい必要かによって、利用限度額が条件を満たしているものを選ぶ必要があります。

 

→利用限度額で選ぶ

 

審査にかかる時間

もし今日にもお金が必要であれば、即日利用できるような早い審査のものを選ばなければなりません。

 

→融資までのスピードで選ぶ

 

無利息期間(初めての人限定)

自分の置かれた状況によって、選び方は変わってきます。もし、初めて借入を考えているならば、無利息キャッシングのサービスがあるカードローンを選ぶと良いでしょう。

 

→無利息期間で選ぶ

 

これらのポイントの中で、自分にとって重要な条件を満たしているカードローンを探すと良いでしょう。あなたにオススメのカードローンがありますので、ポイントを踏まえていろいろ比較してみてください。

 

銀行系カードローンの審査基準を調査

銀行系カードローンの審査基準と言うものははっきりと決められている訳ではありません。ただし、ボーダーラインとして考えられるのは年収が200万円以上あることです。

 

現在はこのようなことをはっきりと提示する銀行などはありませんが、オリックス銀行は昔は年収200万円以上の方から、ということをはっきりと提示していました。今では提示されていませんけれど、それでも、このような慣習は残っていることが推測されます。

 

銀行カードローンの審査の仕組みについてはコチラ

 

年収200万円がボーダーラインになる理由

会社の正社員や公務員などに務めている方の場合でしたら、これぐらいの収入はあって当たり前です。ですので、年収が200万円以上あれば、最低でも正社員以上の方である場合が多いと考えられます。

 

非正規雇用への借入は、リスクを伴います。非正規雇用の方でしたら、いつクビになるか分かりません。ですので、いつ返済がストップしてしまうか分からないので、できるだけ非正規雇用への融資は避けておきたいのです。

 

けれども、正社員ならば、それなりにクビになる可能性は低くなりますから、できるだけ正社員の方に融資を行うようにします。ですので、ボーダーラインとして、年収200万円というのは、正社員へ積極的に借入を行っているから、ボーダーラインになっていると考えられるのです。

 

年収200万円以下の正社員の方の場合

 

世の中には正社員と言えども年収200万円以下の方はたくさんいます。このような方も正社員ではありますから、理論的には融資してもらえる可能性は高いはずです。けれども、実際は年収が低いから、という理由で審査に通過しないことが考えられます。

 

実は、そうなってしまうのは当たり前のことで、正社員に年収200万円ですら払えない会社というのは、かなりの経営難であることが伺えるからで、こちらの場合は社員がクビになるリスクがあるのではなく、会社自体が倒産してしまうリスクがあると考えられるのです。

 

どちらにしろ、返済が不可能になるリスクがありますから、融資をしてもらえないということになるのです。

200万円以上稼ぐフリーターやパートの方の場合

 

年収として200万円以上稼ぐフリーターやパートの方の場合は、正社員ではないので、借入をするのは難しいと思われるかもしれません。ですが、こちらの場合でしたら借入はし易いことになります。

 

アルバイトの場合は非正規雇用ですので、いつクビになるのか分からないと言いましたが、これぐらい稼いでいるアルバイトの方でしたら、相当働いていますし、何よりバイト先にとっても相当な戦力となりますから、簡単にクビにすることができないのです。

 

ですので、銀行としても安心してお金を貸し出すことができるのです。以上のようなことがあるので、ボーダーラインとして年収200万円になる、というのは確からしいことが分かります。

 

銀行カードローン選びのポイントを紹介

 

年収が低くとも借入自体は可能

これまで紹介したのはあくまで銀行カードローンを利用する場合です。ですので、銀行カードローンではない、消費者金融の場合でしたら、例え年収が100万円だとしても、借入自体は難しい事ではありません。

 

消費者金融は融資限度額が少ないときに利用するのが一般的な利用法です。年収が低くとも少額の融資ならば返済も難しくはなりませんから、借入を行うのもそれ程年収を気にすることはありません。

 

限度額は信用度によって変わる

消費者金融を利用する際には総量規制が適用されるために、借入限度額は年収の三分の一が上限です。下限は最低限度額の10万円と言うことになります。

 

年収が150万円ある場合でしたら、単純に考えれば最高は50万円、最低では10万円の融資を行うことが可能になります。そして、この融資限度額は、利用者自身の信用度に大きく左右されます。

 

信用度が高ければ50万円に近い金額で融資ができますし、低ければ10万円に近くなります。

 

特に初めての利用の際には10万円の限度額を与えられるケースが多いので、初めてのキャッシングでない場合に10万円が限度額でしたら、何かしらの原因があって、信用度が低くなっていると考えられます。

 

ただし、返済をしっかりと行い、繰り返し利用していれば限度額は自然と上がっていきますから、思うような金額を融資されなかった場合でも落ち込むことはありません。コツコツと積み重ねていきましょう。

 

銀行カードローンと消費者金融の決定的な違い

審査基準からみれば、銀行カードローンの方が消費者金融よりも厳しめになっていることが分かるでしょう。ですが、消費者金融と銀行カードローンの決定的な違いとしては、銀行カードローンの場合は無収入の専業主婦の方でも借入が可能な点です。

 

その場合は人や借入する銀行によっては難しくなる場合も、簡単に借入できる場合もありますが、消費者金融との審査基準における決定的な違いとしてはそれぐらいしかありません。

 

もしも、無収入の専業主婦の方が借り入れをしたいというのであれば、銀行カードローンを利用しましょう。それ以外の方の場合は自信の年収や、借入金額を考えてどちらを利用するかを考えるようにしましょう。

 

カードローンの種類についてはコチラ

 

カードローン審査の比較一覧

カードローン 審査時間 最短即日振込 パート・アルバイト
アコム 最短30分
プロミス 最短30分
オリックス銀行カードローン
SMBCモビット 10秒簡易審査

 

おすすめの銀行カードローン

銀行カードローン申し込み時には金利や限度額などの条件をチェック

いまや、ほとんどの銀行系などのカードローン会社が、パソコンやスマートフォンで閲覧できるホームページを持っています。

 

各社で強調したいポイントを大きく書いていますが、それだけを読んで借り入れの申し込みをするのはいけません。

 

一見、金利を他社より低く設定していたり、毎月の返済金額を少なく設定できるなど利用者にとって大きなメリットとなる点は大きく表示しています。

 

しかし、利用者がそのメリットを享受できる条件については備考欄に小さく書いてあるので、借り入れの申し込みをするにあたっては、備考欄もよく読んでおく必要があります。

 

カードローンを利用するためには、借り入れ申し込みする際に審査があり、その審査に通過後、カードローン会社と契約を締結することによって、融資の利用が可能になります。

 

カードローン会社との契約の際に注意しなければならないのが規約になります。これはカードローン会社ならどれもも同じというわけではなく、それぞれによって違ってくるので、契約を締結する前には必ず規約について理解しておかなければなりません。

 

規約とは、契約書のことを言いますが、カードローンを利用する際について金利や、返済条件、返済を延滞した場合の金利など大切な事が書かれています。しかし、その中でも特に注目すべきが金利です。

 

カードローンの利用で気をつけることについて

 

返済実績で借り入れ金利を下げることのできるカードローン

銀行などのホームページにおける、カードローンを紹介するページには、利用枠○○○万円で最低金利○%〜最高金利○%と列挙して書かれています。これは規約にも記載されます。

 

例えば、利用枠が100万円の場合は、借り入れ金利が9.2%なのだと理解できます。しかし、利用枠がどのような理由で違ってくるのかがわからない方がいらっしゃると思います。実は、利用枠の設定に関しても、規約に記載されています。

 

カードローンには、返済期限まで金利が固定されているものと、金利を下げることができるものとに分かれていますが、カードローンを選ぶ際は、返済の実績に応じて金利がダウンするタイプのカードローンを選ぶのが得策です。

 

審査に合格して借り入れできるようになった場合は、当初はどの会社も融資限度額に合わせた金利を設定しています。

 

しかし、その後の返済実績によって金利が下がるタイプもあり、最近のカードローンは、そのタイプがほとんどになっています。

 

自分が借り入れているカードローンが、どのような商品設計がされているのか分からない場合は、フリーダイヤルやメールなどで確認された方が良いと思います。

 

なお、念のために記載しますが、日本の中央銀行が金融政策を変更して長期金利や短期金利が下がっても、ただちにカードローンの金利に影響がでることはないと思います。

 

借金返済の基本をチェック

 

借り入れることだけでなく、返済総額全体のことを考えてカードローンを選ぶ

金利が固定されているカードローンでは、金利が段階的に下がるカードローンよりもメリットは少ないです。もちろんカードローンは固定金利だろうが、段階的に金利が下がる商品設計であろうが審査の内容や難易度には変化はありません。

 

ただし、カードローンを利用するにあたっては、借入れできれば良いという発想ではなく、返済総額をあらかじめシミュレーションしてみて、返済総額の少ないカードローンを利用したほうがメリットが大きいと思います。

 

そのため、あらかじめ固定金利で商品設計されているカードローンよりは、毎月必ず返済をしていれば段階的に金利が下がるカードローンの方が返済総額が少なくなるメリットがあると思います。

 

規約を全て覚えるのは面倒に感じる人も多いと思いますが、カードローンの規約はそこまで多くなく、失敗すると痛いめに合うので、必ず規約のチェックを行うことをおすすめします。

 

いろいろなカードローンの返済方法はコチラ

 

カードローンの限度額の仕組みについて

初めてキャッシングを利用しようという方にとって、まず何よりも目を引くのはキャッシングの限度額です。限度額が5,000万円、なんて書かれているとついつい大金を借りることができるんじゃないか、と思ってしまいますが、それは大きな勘違いです。

 

ホームページなどで出されているキャッシングの限度額はあくまでも最大の金額であり、最高でこれぐらいまで貸すことができる、ということを表しているだけに過ぎません。

 

ですので、実際に5,000万円まで誰でも借りることができる、というわけではありません。むしろ、限度額は人それぞれによって設定されます。

 

その設定に際して、重要になるのが年収と信用です。特に年収はもっとも重要なことです。では、人それぞれによって違う限度額が、どのような仕組みによって決定されるのか、ということを説明したいと思います。

 

利用限度額と利用極度額について

 

年収=信用となる仕組み

まず、年収はそのまま借主の信用に繋がります。例えば、年収が全くない人にお金をかしたとして、貸したお金が返ってくるだろう、この人は信用できる、と思うことができますか?不可能ですよね。

 

それはキャッシングでも同様で、年収が200万円の方が1,000万円の借入を申し込んだとして、その返済にはかなりの時間がかかり、場合によっては返済は不可能だと自己破産なんかをされる可能性も無いとは言い切れません。

 

したがって、年収が低い人に対しては、高額の借入を行ったとしても、返済してもらえる期待が持てない、つまりは信用することができない、ということになるのです。

 

逆に、年収が高ければ、それだけ返済能力が保障されているということになります。1億円の年収のある人が、1000万円の借入をした場合、お金が返ってくる可能性は極めて高いと言えます。それだけ、信用が高くなります。

 

よって、年収がある人に対しては限度額を引き上げることができますし、少ない人に対しては、企業である以上限度額は下げなければならないのです。

 

以上のような理由で、年収は信用と直結していると考えられ、年収が高い人は信用度が高くなり、借入限度額は高く設定されやすいのです。

 

さらに年収は重要な要素となる。

また、消費者金融がお金を貸し付ける際には、総量規制という規制を受けることになります。この総量規制は、借主の年収の3分の1以上の金額は貸し付けてはならない、という法的な決まり事です。

 

つまりは、先ほど挙げたような年収以上の借入や、年収の半分にまで到達するような借入は不可能ということになります。

 

ですので、いくらたくさんお金を借りたくても、法制度上、年収の3分の1以上は借入はできません。このような年収から判断する制度がある以上、年収はキャッシングにおいて必要不可欠な重要な要素となるのです。

 

限度額を何とかして高くしたい

総量規制がある以上、年収の3分の1までしか借入はできませんが、多くの場合は限度額はそれにも満たない場合が多いです。

 

キャッシングを利用していると、もっとたくさんお金を借りたい、限度額を今よりも上げたい、と思うことがあるでしょう。

 

もちろん、方法が無いわけではありません。手っ取り早いのは、年収を上げることです。そうすれば、総量規制の金額も上がり、増額した分の信用がもらえるわけですから、限度額は確実に上がります。ただ、そう簡単に年収は上がりません。

 

ですので、もう一つの方法、年収以外の要素である、信用を上げるという方法を取るのが現実的な方法となります。

 

この信用は、年収を上げる以外にも、繰り返しキャッシングを利用し、きちんと期限内に返済をすることによって、上げることができます。

 

もちろん、信用が上がれば「お金を貸してもきちんと返済をしてくれる相手」と借入先に認識してもらえるようになります。

 

そのような利用者は、キャッシング会社にとっては、ぜひとも逃したくない上客ですので、もっと利用してもらうために、限度額の上限を上げてくれます。

 

このような仕組みがありますので、初めて利用したときに例え望むような金額が借りれなかったとしても、落ち込む必要はありません。

 

こつこつと積み重ねていけば、確実に目標の金額を借りられるようになりますので、諦めずに繰り返し借入と返済を積み重ねましょう。

 

カードローンでステップアップするには

 

カードローンの金利を比較

 

カードローン 金利 限度額
アコム 3.0%〜18.0% 800万円
プロミス 4.5%〜17.8% 500万円
オリックス銀行カードローン 1.7%〜17.8% 最高800万円
SMBCモビット 3.0%〜18.0% 800万円

完済までの期間を短くすることで金利分を安くする

キャッシングを利用した際の完済までの期間に関しては、キャッシングを行なった金額やその会社で用いられている返済方式次第で異なるため、「3ヶ月になる」といったはっきりとした数字は申し上げられません。

 

ただ、完済までの期間を短くすると金利分が安くなるというのは間違いなく、逆に完済までの期間が長くなると金利分は高くなります。キャッシングを行なったものは即座に返済するという意識で利用することによって余分に金利分を支払う必要がなくなるのです。

 

そして、キャッシングを取り扱っている会社の中には、キャッシングを行なってから7日、30日といったように一定の期間までに完済することによって、金利がかからないというところが存在します。

 

こういったサービスを上手く使えれば、キャッシングを行なった金額のみの返済で済ませられるため、節約にも繋がるのです。

 

その他、分割ではなく、一回で返済してしまうことで金利を低く出来るところも存在すると言われています。

 

リボルビング払いは返済が楽だが注意が必要

返済の方式の一つにリボルビング払い、通称リボ払いと言われるものがあります。これは、月々の返済金額が最初から決まっているというもので、キャッシングを行なう金額が少なければ少ないほど完済までの期間が短縮され、金利分が小さくなります。

 

ですが、キャッシングの金額が多いことに加え、月々の返済が少ないという場合は、元本が減りづらいため、完済までの期間が延びてしまい、金利分の支払いが増えてしまうのです。

 

リボルビング払いの中には、キャッシングを行なっている残高に応じて月々の返済金額が決定される“残高スライド方式”と呼ばれるものが存在します。

 

これであれば、通常のリボルビング払いと比べ、完済までの期間を短縮出来るため、金利分の支払いを少なくすることが可能です。

 

このように金利分の支払いは完済までの期間と深く関わってきますので、このことをよく理解した上でキャッシングを行なっていくことが重要となってきます。

 

ここでキャッシングを利用する際の注意点を挙げるなら、それは、返済日には忘れずに返済を行なうということです。

 

2、3日程度の遅れでそれが初めてであれば、大きな痛手とはならず、一時的にキャッシングを行えない状況となっても、大抵は遅らせた分を返すことによって再びキャッシングが行えるようにはなります。

 

ところが、上記のような常習犯となってしまうと、利用を停止させられることも考えられますので、返済を行なっている間は、くれぐれも遅れることのないようご注意ください。

 

延滞を回避する方法について

 

金利の低いキャッシングで少しでも返済の負担を軽く

キャッシングを行なった際の返済の負担を軽くする方法として、金利が低いキャッシングを選択するというものがありますが、それに加えて毎月の返済金額が少ないといった点も大切です。

 

金利が低い場合でも毎月の返済金額が1万円を超えるともなれば、返済の負担が重くなってしまいます。よって、金利は決して低いとはいえないが、毎月の返済が最低8,000円というところの方が日常生活への影響は少ないと言えます。

 

このようにキャッシングを行なった際の返済を考える際には、返済の負担が軽いか否かといったことが重要であり、金利がどれほど低い場合でも毎月の返済が重荷となれば、気持ちにも余裕がなくなってしまうのです。

 

毎月の返済が少しでも苦しくないところを選択し、余裕を持ちつつ返済を行なえるところでキャッシングを行なうようにしてください。

 

無利息期間のあるキャッシングも選択肢に

低い金利の会社として推奨できるのはアコムのカードローンです。ずば抜けて金利が低いわけではありませんが、金利がかからない期間が存在するという点が魅力です。

 

金利は3.0%〜18.0%に設定されているものの、このような期間の存在により、金利分を安くすることが可能となっています。さらにキャッシングを行なえる会社ではそれほど例がない、友人を紹介することで特典が得られるというサービスが存在します。

 

スマートフォン専用のアプリを利用することでより利便性の高いものとなります。返済を行なっていくことが苦しい場合は、毎月の返済が少なくて済む会社を選択することが重要になるわけです。

 

キャッシングを行なう会社を選択する際には、金利の数字のみで判断するのではなく、毎月きちんと返済を行なっていけるのか?という点についても確認した上で選択していくことを意識しましょう。

 

返済日を選ぶポイント

 

カードローンの返済を比較
カードローン 返済方式 月々の返済
アコム >元利定率リボルビング方式 3,000円〜
プロミス 残高スライド元利定額返済方式 2,000円〜
オリックス銀行カードローン 残高スライドリボルビング方式 借入残高が30万円以下:7,000円
SMBCモビット 借入後残高スライド元利定額返済方式 4,000円〜

 

 


このページの先頭へ戻る