MENU

銀行系カードローンの審査とはどうなっているのか

銀行カードローンの利用には、保証人を立てたり資産を担保に入れたりする必要はありません。しかし銀行の基準に沿って、必ず審査を受ける義務があります。

 

この審査は、消費者金融や信販会社のカードローン審査と比較すると、基準が高めに設定されており、審査内容が厳しいといわれています。申込の条件を満たしていたとしても、カードローン審査に通らないといったこともしばしばあります。

 

銀行カードローンの審査で注目される重要項目とは

審査基準はそれぞれの金融機関によって決められているため、同一ではありません。但し、重要視される審査基準の項目はある程度同じであり、特に年齢、収入、過去、現在の借入状況といった部分が審査に通るか通らないかを左右する決め手となります。

 

年齢については公式ホームページなどでも表記されています。申込条件の範囲として、満20歳から65歳くらいまでの人なら申し込みができると表記されています。

 

年収は、安定した収入が継続的に見込めることが認められれば問題ありません。もちろん勤続年数が長く年収が多い人や、大企業勤務の人などは信頼度がプラスされるので審査に有利になるでしょう。

 

その一方、フリーターやアルバイト、パートといった雇用が不安定と判断されがちな人については残念ながら審査に通ることが難しくなる場合があります。

 

そして、借入状況についても注目される部分です。銀行カードローンに限らず、その他のローンを組んだり、キャッシングの審査などでも、審査時には必ず信用情報の問い合わせが行われ、現在から過去の借入履歴などが全て把握されるようになっています。

 

過去のキャッシングローンの利用履歴、返済状況などが全て確認できるので、その人の信用度がどれだけあるのかをチェックされます。

 

例えば、銀行カードローン申込時に他の金融機関から借入があるのかどうか、また過去に返済が遅れた履歴があるかないかなど、が調査されます。そこで、複数からの借入があったり、その借入総額が大きい場合などは審査に影響してきます。

 

返済遅延の過去がある場合は特に審査に不利な影響を及ぼしやすくなります。逆に言えば、借入があっても毎回キッチリ返済をしている履歴があれば、返済能力が高いと判断されるため、審査に通りやすくなりす。

↓迷ったときは総合ランキングから↓

銀行系カードローン総合ランキング