銀行カードローンの審査に通過できないケースとは

複数の会社から借入がある場合、審査を通過できないことが多いとされています。実は、このようなケースが一番多いのです。審査をするには、信用情報機関から情報を取り寄せるわけですが、過去の借入状況がすべて明るみに出てしまいます。銀行カードローンでは、審査申込みの時点で、借入している会社の数に制限をもたせているため、その制限数を越えてしまっている場合は、審査を通過することができません。

 

もし、あなたが数社から借入をしている場合は、おまとめローンなどを利用して1社にまとめたほうが得策かもしれません。

 

ブラック判定されてしまうケースとは

カードローンを利用中に、返済が遅れてしまうと、信用情報機関に返済遅延という実績が記録されてしまいます。そのようなイレギュラーがある場合、審査を通過できなくなる可能性が高くなります。特に3か月以上に渡って返済に遅延が生じるとブラックリストに載ってしまい、カードローンを組むことができなくなるため、返済状況には注意したいものです。

 

申込みブラックと判定されるケース

返済が遅延した等の事故情報からブラックになってしまうケースとは違い、申込みブラックというものがあります。これは、1か月以内に3社以上の審査に申込みをしている状態を指し、この申込み状況も信用情報に記録されます。つまり、お金がなく緊迫している状況だと判断されるため、審査は当然通過しにくくなるのです。

 

勤続年数が短いケース

審査基準の1つとして、年収や勤続年数は大きなポイントとされています。勤続年数が長いほど、安定して継続的な収入があるという実績に繋がります。逆に、新入社員や転職が多いなど、勤続年数が3か月未満の場合は、継続的な収入が困難だという判断をされてしまいます。

 

居住確認ができない

銀行カードローンの申し込み時は、会社への在籍確認と在宅確認が合わせて実施されます。会社への確認は、カードローン申込みという内容では連絡しませんので、会社の方に知られることはないため心配は無用です。ただし、居住が安定してない方は、審査が通りません。

 

公共料金等の料金滞納

日々の生活になくてはならない電気代やガス代・水道代などの公共料金、携帯電話の支払が未納である場合、返済能力が乏しいと判断されてしまい、審査を通過できないことがあります。未納分ある場合は、支払を済ませた後に申込みをすることが大切です。

 

虚偽申告をしてしまうケース

申込みをする際に記入する年収や借入状況(金額も含め)、勤務先情報などは、少し多めに申告しても大丈夫だろうと思われがちですが、収入証明書や信用情報から、すぐに分かってしまいます。審査で調べた状況との乖離が大きいと、虚偽申告をしたとみなされ、もちろん審査に通過することはできません。

 

信用が第一ですから、注意が必要です。



公式サイトへ


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間

三菱UFJフィナンシャルグループ

3.0%〜18.0%

800万円

最大30日間

審査時間 フリーター・パート レディースキャッシング 即日振り込み

最短30分

なし

>>詳細・申し込み



公式サイトへ


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間

SMFGグループ

4.5%〜17.8%

1〜500万円

最大30日間※1

審査時間 フリーター・パート レディースキャッシング 即日振り込み

最短30分

○※3

○※2

※1 プロミスポイントサービスにお申込された方が対象

※2 平日14時までにWEB契約完了が必要

※3 フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

>>詳細・申し込み



公式サイトへ


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間

オリックス銀行

1.7%〜17.8%

最高800万円

無し

審査時間 フリーター・パート レディースキャッシング 最短即日振込

最短即日

○※1

無し

◯※2

※原則、毎月安定した収入のある方。

※2.ローンカード発行後。

>>詳細・申し込み

>> 人気ランキングを全て見る

このページの先頭へ戻る