MENU

銀行系カードローンにあるメリット・デメリット比較

銀行カードローン最大のメリットと言えば、低金利で融資が受けられることではないでしょうか。銀行カードローンの金利の低さは、他の消費者金融といった業者からキャッシングする場合と比べると明確な差があります。

 

そもそも、貸付を行う業者によって設定されている金利は様々ですが、金利の低いところでは年利5.0%を下回る銀行も出てきているのが最近の傾向です。

 

複数の業者から借入をしている場合、金利の低い銀行カードローンのおまとめローンを利用する事で、返済総額をかなり減らすことも可能な場合があります。また、融資限度額が大きいサービスも、銀行カードローンで提供されている場合の方が多いといえます。

 

総量規制の影響を受けない銀行カードローン

個人が借入を行う場合、その借入総額が年収の3分の1までと制限が設けられているのが総量規制という法律です。この法律は、消費者金融などの貸金業者に対して定められています。

 

貸金業者はその他に、クレジット会社や信販会社なども含まれ、貸金業法が対象となる業者を指します。

 

しかし、銀行は銀行法という法律の適用範囲となり、銀行カードローンは貸金業法である総量規制の対象外になります。そのため、借入総額が年収の3分の1以上だとしても問題ありません。

 

消費者金融等では、総量規制が適用されるため収入の見込めない主婦の借入はできないのが現状ですが、銀行カードローンでは特に問題なく借入が可能となっています。

 

口座の残高不足に備え、利用枠内で自動融資を行う機能

カードローンの返済方法はいくつかありますが、主な返済方法として口座振替があります。指定した口座から自動的に、返済金額が引き落としされるため毎月忘れずに返済することができます。

 

但し残高不足になってしまうと、そのまま気がつかずに返済遅延を招いてしまうリスクもあります。

 

そこで、残高不足に備えて、カードローンで利用できる借入枠内から自動的に立替を行う自動融資サービスの機能を提供している金融機関もあります。

 

銀行カードローンには、その他にも銀行ならではのサービスや特典もあり、消費者金融よりも格段に信用度が高いのも魅力です。

↓迷ったときは総合ランキングから↓

銀行系カードローン総合ランキング

金利の低さが魅力の銀行系カードローンのデメリットとは?関連ページ

銀行系カードローンの選び方
審査通過できない理由
審査から融資までの手順
審査の仕組み