MENU

返済の心構え、基本を知って事故知らず

カードローンもキャッシングも、横文字に変わっただけで、”借金”ということに変わりはありません。さぁ、カードローンを借りるときに絶対にしておくべき準備があるのです。それは一体なんなのでしょうか?

 

答えは、完済までの計画です。

 

お金をなにに使うかももちろん大切ですが、やはり借りたものはなにがなんでも返さなければなりません。

 

「借りる前から、完済のことを考えるなんてめんどくさいなぁ」「気が重いよ」

 

なんて思うかもしれませんが、それを考えないことには借金をする義務すらないように思えます。逆の立場になって考えてみてください。返す当てがない人に、お金を貸そうなんて思いますか?

 

出来ればそんな不安になるようなことはあなただってされたくないはずです。もしなにも考えずにお金を借りるのなら、無計画さゆえに人生を滅ぼしかねません。

 

返済が滞ってしまったら?返すあてがなくなったら?もし思い当たるふしがあるなら、借りない方が身のためでしょう。

 

完済への一番の近道

カードローンは基本的にリボ払いが主流です。月々の返済額が決まっているため、最低金額さえ払っておけばなにも言われません。

 

しかし、一見便利とも思える「リボ払い」ですが、実は大きな落とし穴があったのです。

 

リボ払いは危険なものだ!

毎月最低金額を支払うと、利息と元金を支払うため、完済への道のりはどんどん遠ざかってしまいます。カードローンの際にオススメなのは”任意返済”です。

 

余裕があったら多めに返すこと、臨時収入などはギャンブルや遊びに使わず、返済に充てましょう。そうすることで、完済にグッと1歩近づきます。

 

さらに、みんなよりも早く完済できるスタートダッシュ方法をお伝えします。

 

「月々の返済額+毎月余裕を持って支払える金額」を準備して支払うこと。これを習慣化することで、大幅にリードするでしょう。

 

実際にリボ払いでの最低金額をずっと支払っていても、しらないうちに利息は膨らんで行くのです。

 

なにも知らずに最低金額だけ払っていると、いつになったら返済が終わるのか想像もつきません。気が遠くなる作業です。

 

そのために必要なのが「計画性」です。

 

毎月浮いたお金で遊ぶのではなく、余裕のある分はできるだけ多く返済に回しましょう。使ってしまう前に返してしまうのもいいですし、最初からそれを計算にいれておくでも構いません。

 

余裕があったら全部返そう!

最低金額だけ払っていたら感性は夢のまた夢です。余裕があればそれに上乗せして支払いましょう。早ければ早いほど利息もかからず早く完済できます。

 

「毎月そんな余裕はないよ」

 

なんて方もいるかもしれませんが、そう言った場合は無理に払う必要は全くありません。でも、早く返すと確実にお得なのです。日々、無駄な出費はないですか?削れるところはありませんか?

 

節約しようという気持ちが、完済への第一歩となりますので、それを習慣にしながら、なるべく早く借金を返済して行きましょう。

 

 

カードローンというのは、毎月あまり負担がかからずに返済できるというのが魅力的なところです。生活が苦しい時は最低金額でもいいですが、なるべく多く支払い、素早く返済を終わらせましょう。

↓迷ったときは総合ランキングから↓

銀行系カードローン総合ランキング