審査に関する疑問と答え記事一覧

カードローンを契約するにあたっては、融資可能かどうかの審査がありますが、その審査によって融資内容が良くも悪くも変わる可能性があります。審査はだいたい2段階に分かれていますが、まず仮審査として融資が可能かどうかが判断されます。その後、本審査で融資の内容が決定されますから、まず、どのような状況なら審査に通るか考えましょう。カードローン契約の際にどのような状況なら借り入れしやすいのか。有利な条件とは?と...
カードローンを作る際に、好条件を求めるのは当たり前のことでしょう。限度額や金利など、様々な条件が良いほどカードローンは使いやすくなりますし、万が一の備えにもなります。逆に言えば、条件が悪いとせっかくカードを作ってもあまり使い勝手がよくないために利用機会はほとんどなくなってしまいます。しかし、だからといって初めてカードローンを利用する人に最高の利用条件を与えるカードローン会社はいません。これは、お互...
世の中には様々なカードローンがあり、複数のカードローンを選んで申し込むことももちろん可能です。しかしながら、複数申し込みについては信用履歴に特記事項として記載され、場合によっては審査に不利にはたらく場合があります。よってカードローンを申し込むならば、やはり優先順位をつけてひとつずつにしていくのが無難です。それではどういった基準でカードローンを選べばよいでしょうか。優先すべきは銀行系カードローン結論...
カードローンを利用していると、利用限度額に不足を感じることもあるでしょう。収入を超えるような借り入れをするのは褒められたことではありませんが、滞りなく返済を続けられる範囲での利用でも、大きな買い物でローンを使いたい場合には、限度額が心許なくなることも考えられます。カードローン会社によっては、希望に答えて増額してくれる場合もありますから、申し込みした頃よりも年収が上がっているなど、有利な要素があれば...
年齢を重ね、定年退職を迎えたら、いよいよ老後の余暇生活に入ります。今までは企業戦士だった方は、やりたくても仕事に忙殺される毎日を送っていたため、先延ばしにしていたことも多いでしょう。悠悠自適な第二の人生がスタートしたと言えるでしょう。老後の生活を支えるものと言えば、今までの積み重ねてきた貯金と年金です。そのために年金の支払いをしてきたわけですから、受給を受けるための手続きはしっかりと行い、損するこ...
お金が要り用になったことからカードローンに申し込む際に、審査に通るかどうか不安だからといって、一度に複数のカードローンに申し込む人がいます。どれかに落ちても、どれかには通るだろうという、「下手な鉄砲も数撃ちゃ当る」方式、または「滑り止め」方式です。ところが、カードローンではその方式が却って仇となるのが現実です。同時に申し込むことのデメリットカードローンの審査に関して知っておかなければいけないことは...
説明や解説を聞いたり見たりして、カードローンの便利を知り、申し込もうと決断した方達に聞きたいことがあります。どこの部分を見たり聞いたりしてから、あなたはカードローンの申し込み先を決めましたか。ネット広告やテレビCMをバンバン流しているような大企業ならば、失敗してもリスクはさほど高くは無いでしょう。しかし初申し込みの場合は勝手がよくわからず、あまり深く考えること無く、申し込みをすることのきっかけにな...
カードローンの利用には、必ず審査を受ける必要があります。お金を貸す以上は、その相手がどれぐらい信用できる相手なのか、どれぐらいの金額であれば貸せるのかということを審査しなければいけません。ローンにもいろいろなものがあり、またたくさんの会社がサービスを提供していますが、どこの会社であっても審査が必要となります。中には「審査不要」のように言って近づいてくる業者もあるかもしれませんが、そういった業者には...
貸金業法が施行されたことによって上限金利が規制されたことから、消費者金融の審査が厳しくなっています。『以前は借りられたのに、今回は審査に落ちてしまった』という人も少なくありません。一昔前の消費者金融は利息制限法を超える異常な高金利で貸出をしていたことによって、莫大な利潤を取っていました。従って、貸し倒れが少々あったとしても、十分に吸収するだけの利益が出ていました。逆に言えば、貸し倒れを想定している...
カードローンの審査は、一時期緩かったと言われています。それはグレー金利と呼ばれており、ずばりバブルの時代に横行していたものです。それ以降のカードローン審査は、全体的に見ても厳しくなっていると言うことができるでしょう。逆に言えば、現在のように、こうしてあまり高くない金利での借り入れが可能になったのは、カードローンの審査の基準が全体的に厳しくなったためであると言うこともできます。審査の通過が容易ではな...
「主婦には、カードローンの利用はムリだ」と諦めていませんか?決して、そんなことはありません。定職のない専業主婦の方でも、カードローンの利用は可能!近年は、(女性や学生を対象としたローンが登場してくるなど)カードローンの多様化が進んでおり、ローン会社が指定する条件さえ満たせば、定職についていなくてもカードローンを利用することができる時代になってきているのです。とくに最近は、“専業主婦のためのカードロ...
人間誰しも、過去のことは忘れてしまうものです。昨日食べた晩御飯のおかずを思い出せないことだってあります。カードローンも同じことです。お金が必要になった時に、場当たり的にカードローンの申込をしていたら、申込んだ内容を忘れるようになります。しかし、本人は忘れていても、消費者金融に申し込んだデータは消えることがありません。そのデータが何回申し込んでも審査に通らない原因になっている可能性があります。自分の...
カードローンの審査の基準は、業者によって違います。そかし大きな基準は同じと言っても良いでしょう。それは一言で言えば、貸したお金を利子をつけてしっかりと返してくれるのかです。しかしその判断基準は、業者によって違います。そのためにある会社からは融資を受けることができたのに、他の会社からは融資を受けることができなかったということになるのです。そしてその基準は公開されていないため、審査が通らなかったことに...
昨今では持ち家の保有率が下がっているとの事。家を建てるコスト自体は下がっています。これは地価の下落に住宅ローンの返済条件緩和によるもので、だったら購入費用も下がって保有率が上がってもおかしくないはず。しかし景気が上がらなければ給料も上がらず、また正社員としての採用も厳しい。この状況が改善されなければなかなか手を出すことはできませんよね。コストが下がれば当然家の価値も下がってしまうのですが、それでも...
カードローンを申し込んだのはいいが、こんな経験はありませんか?発行できたのはいいけれど、提示した条件に比べて限度額等が低く抑えられてた、という内容です。もしそのような状況にご自身がなられたのであれば、複雑な気持ちでしょうが、このようなケースは現実的には非常によくあるケースともいえるのです。カードローンの発行に際しては、ローン会社が厳しい審査のうえで、申込者の職業や信頼実績を判断して融資枠を決定する...
カードローンの利用者は、社会人だけではなく学生や主婦の利用者も増えています。やはり学生や主婦のように収入が限られている人でも申し込みやすくなったのが原因ではないでしょうか。誰でも申し込めるとなると、外国人の自分でも申し込めるのではないかということが気になりますよね。長期滞在する外国人の方であれば、カードローンやキャッシングを持っていると便利です。やはり日本にいる以上は、「日本円」をどうしても使わざ...
カードローンに申し込む際、人にはそれぞれに望む条件というものがあると思います。例えば、金利が一番重要すべき優先事項であるとか、限度額を高く設定できるとか、等々。カードローンに望むことは十人十色です。より良い条件のカードローンを持つためには、金利にせよ限度額にせよ、部分的に良くするというのはありえません。前述の金利と限度額というのは紙一重で、どちらかを良くしないと基本的には条件は良くならないでしょう...
よく嘘も方便と言いますが、カードローンを申し込む際には絶対に嘘をついてはいけません。審査が通らないという状況になる可能性があります。カードローン会社はあなたを信用してお金を融資してくれます。それゆえに、嘘は絶対についてはいけないのです。信用を損なうことは重大な契約違反に繋がるのです。カードローンを申し込む際にいい条件で申し込みたい融資枠を高くしたいと思い、提出書類などで年収・勤務歴の嘘をついてしま...
カードローンの審査スピードには、銀行系カードローンと消費者金融系カードローンでは差があります。しかし、昔の貸付と比較すると審査スピードは格段に早くなっています。銀行系で申込みをしたら翌日に電話がかかってきて驚いたという人もいるでしょう。では、審査のスピードはどのような仕組みになっているのでしょうか?それは、カードローンの審査が二つに切り分けられていることに起因しています。仮審査と本審査と聞けば、納...
段階を踏んで進められるカードローンの審査。まず始めに行われる仮審査では、融資そのものが可能かどうかを見極めます。仮審査を通ったということは、融資自体はOKの可能性が高いです。段階は本審査へと進みました。融資の詳しい内容を決める査定が行われています。その中で、あなたが確かにお仕事を行っている=すなわち収入があることの裏付けを取るために会社に在籍しているかが電話で確認されます。これが『電話による在籍確...
初めてお金を借りるときは躊躇する方も多いと思いますが、一度でも申し込みをしたことがあるなら、それほどハードルは高くないと思います。それはカードローンなどのお金を借りるサービスを申し込むときには、他のクレジットカード(キャッシング付帯のもの)と同じような感覚で必要事項を入力して行くだけで大丈夫だからです。つまり、慣れたらこちらのものというわけですね。一方、初めてカードローンを申し込むという方はやはり...
カードローンは案外便利なものです。カードさえ持っていれば,決められた範囲内でいつでも借りられて,いつでも返すことができます。しかも多くの場合,金融機関が設置している対応するATMや現金自動支払機で全国どこでも利用できるのです。お金がどうしても必要なときには本当に便利だと思います。ただし,カードローンを利用できるようになるには厳しい審査をパスしなけらばいけません。カードローンの審査は年々厳格化してい...
カードローンを作る時は、必ず審査がありますよね。名前を始めとした各種パーソナルデータを記入し、身分証明書のコピーを添えて提出する……つまり、個人情報を伝えないと、審査もできません。これらの情報が事実と異なる場合……平たく言うと、嘘をついている場合でも、調べるのには限度があります。この嘘は後で大きなマイナスとなるのですが、ローン会社もその辺りはちゃんと想定しています。最低限、今までの借り入れといった...
人間には適性年齢というものがあります。年齢を重ねるごとに、自分や自分の回りが変化し、出来ることが増えると同時に出来ない事も出てきます。それでは、カードローンにも適性年齢というものはあるのでしょうか。調べていくうちにわかることがありました。カードローンは二十歳になれば申し込みが出来ます。なぜ二十歳なのかというと、カードローンとはお金を借りる事です。したがって、お金を借りる事に責任をとることの出来る二...

このページの先頭へ戻る