キャッシングのアイフルでの申込方法

消費者金融業者のアイフルはすぐにお金を借りたいという緊急性の高い人ほどおすすめです。申し込みをして審査に通れば、当日中に振り込んでもらえます。

 

アイフルでは自動契約機を持っているので、契約機を使えば最短で30分程度でキャッシュカードが発行されるので、すぐに使えます。そしてアイフルの契約機は8:00〜22:00まで稼働しているため、もしも飲み会の後などの二次会に行きたいとき、お金が入用になったなどというときでも、アイフルのキャッシングを利用できます。

 

また、契約機を使うメリットはご家族にも分からないように申し込めるという点があります。

 

 

 

 

アイフル


 

 

 

 

 

即日融資をするときの方法など

アイフルで即日融資をしたいときに申し込む手順については、ネットから申し込むのが一番いいでしょう。審査時間は短く、最短30分程度で審査が通過したかどうかを知ることができます。

 

審査通過するまでの流れなど

ネットから申し込むときの流れをこれからご説明します。

 

まず、ネット申し込みをするのはアイフルの公式ホームページからなので、ホームページに行き、そこから「いますぐお申し込み」というボタンをクリックします。この時点で本人確認書類を用意しておきましょう。すると、申し込みフォームが出てくるので、そこに必要事項を記入し、完了メールを受信します。審査が終わるとメールで審査完了メールを受け取ることもできますし、電話で回答を受け取ることも可能です。

 

ここで気をつけておいていただきたいことがあります。それはログアウト問題です。アイフルのページというのは、ひとつのページをログインしたまま長時間放置しておくと、ログアウトしてしまうのです。これはセキュリティ関係からの問題なので仕方ありません。それだけ個人情報に気を使っている証拠なのです。途中までフォームに入力しておいてそのまま何かの理由で退席したとします。その状態でしばらく経つとログアウトしてしまうということなのです。フォームに入力する項目や確認書類は必ず事前に用意しておき、放置時間が長くならないようにしてください。

 

必要書類を準備しておきましょう

アイフルの審査に必要な書類は免許証、住基カード、マイナンバーカード、パスポート、健康保険証などの公的な証明書がまず必要です。基本的には運転免許証が一番の証明書になります。
そして借入希望額が50万円以上だったり、他社含めた合計借入金額が100万円以上の場合に収入証明書を出すことになります。

 

免許証は本人確認書類として一番有効的なものですが、期限切れには注意してください。

 

有効期限を過ぎた免許証は本人確認書類は使うことができません。他の本人確認書類を用意する必要があります。

 

有効期限だけでなく、住所が現住所と変わっている場合も、運転免許証単体だけでは本人確認書類として認められません。現在の住所に送られてきた公共料金領収書・住民票を併せて用意しておかなければいけません。

 

これらの準備ができていないと、審査が進まず、融資を受けるまでの時間が長くなってしうので、前もって確認しておいてく下さい。

 

アイフルのおすすめポイント

アイフルはネット審査や契約の手続きが早く、パソコンだけではなく、自動契約機の前まで行って契約することも可能ですし、契約機の稼働時間も長いので即日融資にも十分対応しているため、突然の出費にも対応しています。

 

この契約機というのがなかなかのスグレモノで、カード発行が夕方以降にも行えるため、平日の早い時間に申し込む必要もありません。

 

また、アイフルにはさまざまな金融商品が多く用意されています。一定条件を満たすと金利が9.5%になるもの、初心者用の限度額が決まっているもの、事業用ローンなど細かい商品がかなり用意されていますので、用途によって使い分けもできますし、キャッシングが初めてという方にも十分使えるキャッシングとなっています。

 

 

 

>>申し込みはこちら

 


このページの先頭へ戻る