MENU

プロミスのスピーディな審査の流れ

プロミスの審査の流れ

 

プロミスへの申込を済ませたら審査が始まりますが、

 

審査がどのように進んでいくのか?

審査に必要なものってあるのだろうか?

 

など、特に消費者金融を初めて利用する人は気になる人が多いでしょう。

 

申込方法はいろいろありますが、審査の流れは変わりません。

 

審査をスムーズに進めることができれば、あっという間にプロミスからお金を借りることだってできるのです。

 

ここでは、プロミスの審査の流れについて解説をしていきます。

 

申込から契約までの間の手続きがどういったものかが分かれば、事前に対策や準備を進めることができます。

 

プロミスの審査に申込むための条件

申込条件は審査のスタートラインに立つために、クリアすべき必須の条件となります。

 

まずは、申込条件についてみていきましょう。

 

  • 満20歳〜69歳までの方
  • 安定した収入を得ている

 

満20歳〜69歳までの方

職業が何であれ20歳以上にならなければプロミスに申込はできません。学生は申込可能ですが10代であるならプロミスは利用不可になります。

 

また、70歳以上の利用も不可です。

 

プロミスを利用中に70歳を迎えた場合は、追加で新たにお金を借りることはできません。もし返済途中であるならば、その返済は完済まで続けることになります。

 

安定した収入を得ている

毎月一定の収入を得ているかどうかです。アルバイトやパートであっても問題ありません。

 

ここでいう安定性とは、月々の収入がほとんど変わらないという意味です。

 

毎月の給料が20万円だったり、5万円だったりと、金額の差が激しい場合は、収入が安定しているとはいえないのです。

 

給料の単価が少なくても、毎月同じ金額を得ているならば、十分プロミスの利用の可能性はあります。

 

また、金額に毎月差があまりなくても、頻繁に転職を繰り返しているなど勤続年数が短い場合は、新しい職場が確実に決まる保証はないため、収入の安定性の評価は下がると一般的に言われています。

 

プロミスがお金を貸すのは、きちんと利息含めて全額返してくれる人です。

 

確実に毎月ほぼ同じ収入を継続的に得られる人になら、安心してお金を貸せるという訳です。

 

プロミスの審査の申込方法

プロミスの申込方法は実に5パターンも用意されています。

 

  1. WEB
  2. プロミスコール
  3. 店頭窓口
  4. 自動契約機
  5. 郵送

 

申込方法が違っても、当然、審査内容に変わりはありません。

 

それぞれの申込方法について詳しくみていきましょう。

 

Web申込

公式サイトからの申込で、パソコン、スマートフォン、携帯電話から行うことができます。

 

自宅に限らず外出していても申込ができる手軽さがあります。

 

申込の際、契約方法が「WEBでご契約」と「来店でご契約」のどちらかを選べるようになっていて、「WEBでご契約」を選べば、スマホやパソコンだけで申込から契約手続きまでを行えます。

 

さらに他の申込方法と違って、Web申込は24時間365日いつでも可能な点です。

 

プロミスの店舗や自動契約機に行かずとも、その場で、自分の好きなタイミングで申込・契約できますからとても便利な申込方法です。

 

プロミスコール

プロミスへ電話をかけて申込を行います。

 

オペレーターが氏名、住所など審査に必要な情報を口頭で質問してくるので、それに答えて申込を済ませます。

 

公式サイトの申込フォームの入力項目とほぼ同じことが聞かれるでしょう。

 

  • 受付時間:9:00〜22:00
  • プロミスコール:0120-24-0365
  • 女性専用ダイヤル:0120-86-2634

 

電話受付は土日祝日含め夜10時までとなっていますが、オペレーターが対応するのは平日18時までです。

 

それ以外の時間帯は自動音声による対応になります。

 

店頭窓口

プロミスの店頭(お客様サービスプラザ)に直接来店して申込をすることができます。

 

その場でローンカードを発行してもらえるので、すぐにATMでお金を借りることができます。

 

受付時間

10:00〜18:00(平日のみ)

休業日

土日・祝日

 

プロミスの受付で直接相談しながら申し込みができますから、その場で疑問を直接聞けるのはいいかもしれません。

 

ただし、全国に18店舗しかなく住まいや職場の近くにない人がほとんどでしょう。

 

また、平日18時までなので日中働いている人にとって不向きと言わざるを得ません。

 

近所にあって平日の昼間の時間帯に足を運べる人は申込方法の選択肢として考えてもいいでしょう。

 

自動契約機

ATMのようなタッチパネル操作で申込から契約・カード発行まで行えます。

 

自動契約機は全国に992件、無人店舗型の契約機が939件(2018年8月末時点)と圧倒的に有人店舗より数が多く、平日夜や土日も利用可能なので利便性は圧倒的に高いです。

 

受付時間

9:00〜22:00※

休業日

なし

※一部店舗は営業時間が異なる場合もあります。

 

自動契約機を利用するときは、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類を忘れずに持っていかなければなりません。

 

気軽に行ける反面、事前の準備を怠ると2度手間にもなります。

 

公式サイトから申込を済ませて審査・契約手続きを終わらせておき、カードの受取のみに自動契約機を利用する方が、自動契約機の滞在時間も短くなりスムーズですよ。

 

郵送

申込に必要な書類を手元に取り寄せて申込をすることができます。

 

取り寄せる方法は次の5パターンあります。

 

申込書の入手法
  • 公式サイトよりダウンロード
  • プロミスコールに電話で請求
  • プロミスATMでもらう
  • 店頭窓口でもらう
  • 自動契約機でもらう

 

申込書類がプロミスに届いてから審査がスタートするので、カードローンが利用できるようになるまでの時間が最もかかるのが郵送による申込です。

 

今すぐお金が必要ではなく、万が一お金が必要になる将来に備えて事前にカードローンを作っておくといった急ぎの要件ではない人向けの方法です。

 

プロミスの審査の流れ

プロミスへ申込をすると審査がすぐに始まります。

 

  1. 審査の申込手続き
  2. 仮審査の実施
  3. 本人確認の連絡
  4. 必要書類の提出
  5. 勤務先に在籍確認
  6. 利用可能な限度額が決定
  7. 審査結果の連絡
  8. 契約手続き
  9. キャッシングの開始

 

審査は最短30分のスピード審査で順調に進めば融資を受けるまでに1時間程度の時間がかかります。

 

特に審査内容や基準はプロミスに聞いても教えてもらえませんから、ここでは、申込から借入までの一連の流れを説明していきます。

 

お借入れシミュレーション

お借入れシミュレーション

 

まず申込をする前に「お借入れシミュレーション」をしましょう。

 

審査とは違いますが、生年月日、年収、他社の借入金額の3項目の情報から、おおまかにプロミスがお金を貸せるかどうかの判断をしてくれます。

 

これは審査ではなく「診断」です。

 

名前、住所などの個人情報を入力するわけではないので、審査結果に全く影響はありません。

 

何度シミュレーションしてもOKですから、気軽にやりましょう。

 

審査の申込手続き

WEB申込で公式サイトから申込みをすると、氏名、勤務先、他社借入状況などの個人情報を入力します。

 

電話で申し込む場合はオペレーターから審査に必要な情報を質問ベースで答えていくことになりますが、ほぼこのWEB申込の記入項目と同じです。

 

個人情報の主な申告内容
  • 氏名
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 住所
  • 勤務先の情報
  • 年収
  • 連絡先
  • 他社借入の状況

 

また、申込を済ませるとすぐに審査が始まります。

 

プロミスと契約する場合必ず本人確認用の書類が必要になってきますので、事前に手元に準備しておくと契約がスムーズになります。

 

プロミスの本人確認用の書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住基カード
  • マイナンバー(個人番号カード)
  • 健康保険証+もう1点

 

原則、顔写真と現住所の確認がとれるものになります。

 

健康保険証は顔写真がないため住民票や公共料金の領収書など追加で書類が必要になります。

 

仮審査の実施

申込後にすぐ行われる審査を仮審査といって申込情報や個人信用情報をチェックします。

 

基本的にはスコアリングシステムを利用した審査のためとても早く仮審査は結果がでます。

 

この時点で、他社借入の金額が大きかったり、過去のカード利用履歴で滞納や長期延滞などの自己記録があると審査に落ちてしまうことがあります。

 

仮審査のあと、プロミスから申込者本人へ連絡がきます。

 

そのとき仮審査の中で気になる点や審査で必要な追加の情報を聞かれたりします。

 

本人確認の連絡

仮審査の結果はメール、もしくは電話で連絡がきます。

 

電話連絡は本人ときちんと連絡がとれるかどうかを確認する意味合いもありますので、連絡がとれない状況が続いてしまうと審査に落ちてしまう可能性もあります。
必ず連絡は受けましょう。

 

仮審査に合格したら、プロミスに伝えた情報が本当に正しいものかどうかをチェックする本審査に進みます。

 

本審査では主に「申込者と本人が同一人物なのかどうか」や「勤務先が本当に正しい情報なのか」といった確認を行います。

 

必要書類の提出

本人確認用の書類の提出が求められます。スマートフォンの写真でとってプロミスに送信するのが一番簡単でしょう。

 

審査結果のメールのURLから手続きを進めていくことができます。

 

また、自動契約機に行ってスキャナで送信する方法もあります。

 

また、本人確認用の書類提出は必須ですが、場合によっては収入証明書の提出も求めらます。

 

実は収入証明書の提出の有無を決めるラインは明確にあり、次の条件のいずれかに該当する人が対象になります。

 

  • プロミスの利用限度額が50万円を超えるひと
  • 他社の借入がある人はプロミスの限度額含めて合計100万円を超える人

 

収入証明書は最新の源泉徴収票、給与明細(直近2ヶ月分)が求められます。

 

個人事業主などの自営業者は確定申告書は税額通知書などでもOKです。

 

プロミスで51万円以上の借入を希望するひとは、本人確認同様に収入証明書を事前に手元に準備しておくとよいでしょう。

 

勤務先に在籍確認

申込時に記載した勤務先へプロミスが電話をかけます。このときプロミスという社名は名乗りません。

 

審査担当者が個人名を名乗って申込者宛に連絡をしてくれます。

 

知り合いを装って連絡をしてくれますから、職場の仲間が電話にでてもプロミスからの連絡だとは分かりません。

 

また、当日不在であっても「外出中」「打合せ中」など在籍の確認がとれる不在理由ならば在籍確認はOKとなります。

 

直接電話に出られなくても心配ありませんから、神経質になる必要はありません。

 

ただし、土日など会社が休日の場合は誰も連絡に出ることができないかもしれません。

 

そのような場合は、申込後すぐにプロミスへ連絡するか、本人確認で自分の携帯に連絡がきたときに、事前に伝えておくとよいでしょう。

 

電話をかけるタイミングなど相談にのってくれます。

 

利用可能な限度額が決定

仮審査、本審査で問題がなければ契約内容の確認になります。

 

そのとき利用限度額がいくらかといった話になりますが納得でできれば契約になります。

 

利用限度額は申込時に希望した金額と同じ場合もあれば、下がっている場合もあります。

 

貸し出す金額は年収や信用によって決定されるので個人差が必ずあるものですから、希望通りといかなくても仕方ありません。

 

それでも利用限度額の範囲内ならば繰り返し利用できますし、返済日を守ってきちんと利用し続ければ、いずれ限度額を上げることは十分に可能です。

 

審査結果の連絡

最終的な審査の結果はメールできます。

 

そしてそのままメール文面のURLをクリックして契約手続きに進めるようになっています。

 

もしメールが来ていないようならばプロミスに連絡をしましょう。

 

契約手続き

審査結果のあと、そのままスマホで契約手続きを済ませるのが一番簡単で早くプロミスからお金を借りることができます。

 

一応、プロミスの契約方法には次の3通りがあります。

 

契約方法
  • Web契約
  • 来店契約
  • 郵送契約

 

来店契約は自動契約機とプロミスの支店(お客様サービスプラザ)とありますが、自動契約機ならば、曜日関係なく夜10時ころまで開いていますから、最寄の自動契約機で手続きをするといいでしょう。

 

キャッシングの開始

無事契約を済ませるとプロミスからお金を借りることができます。

 

プロミスの融資の方法は銀行振込とATMの2種類あります。

 

銀行振込はプロミスでは瞬フリといって会員ページからいつでも振込依頼をかけることができ、受付後約10秒後に自分の口座へお金が振り込まれます。

 

曜日は関係なく24時間365日いつでも好きなタイミングに、自分の銀行口座に振り込まれるのです。

 

ただし、瞬フリは全ての銀行口座で利用できるものではありません。

 

504の銀行口座で対応していて主な金融機関は次の通りです。

 

メジャーな口座は抑えてありますから多くの人が利用できるでしょう。

 

ただし、みずほ銀行は瞬フリに対応していません。

 

瞬フリに対応していない口座は、銀行の営業時間に左右されますので、夕方15時以降や土日の振込依頼は銀行の翌営業日に実施されます。

 

  • 銀行振込で融資
  • ATM利用の融資

 

「瞬フリ」対応の主な銀行口座(2018年10月現在)
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
  • りそな銀行

 

また、プロミスでローンカードを発行した場合はATMが利用できます。

 

プロミスと三井住友銀行ATMは手数料無料で借入できます。

 

しかし、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなどの大手コンビニのATMを筆頭に、提携ATMは一定の手数料がかかります。

 

プロミスATMの手数料
  • プロミス自社ATM:手数料無料
  • 三井住友銀行ATM:手数料無料
  • その他の提携ATM:手数料有料

 

取引額

借入時

返済時

1万円以下

108円

108円

1万円超

216円

216円

 

プロミスの審査の流れまとめ

プロミスの申込から審査・初回借入までの一連の流れを解説してきました。

 

プロミスの審査は最短30分で終わります

 

申込から初回の借入まで含めても早ければ1時間程度の時間でできてしまいます。

 

自動契約機は申込から契約まで一連の流れを全て行えますが、その間はボックス内に居続ける必要があります。

 

スマートフォンやパソコンで申込を済ませて審査を初めておき、契約手続きやカード発行のみで自動契約機に行くのが最も時間のかからない方法です。

 

必ずプロミスのお借入れシミュレーションを事前に行ってから申込をしましょう。

 

プロミス 実質年率 4.5%〜17.8%
融資枠 1〜500万円
即日振込
無利息 最大30日間

↓迷ったときは総合ランキングから↓

銀行系カードローン総合ランキング

プロミスの審査の流れを解説!申込から契約完了までスムーズに進める方法関連ページ

プロミスの審査に落ちた原因を徹底解明!調査からわかる対処方法