MENU

銀行カードローンとはどんな仕組みになっているのか

銀行カードローンの仕組み

 

銀行カードローンは、その名称の通り銀行が発行するカード使用して融資を受けるローンの事を言います。

 

銀行カードローンを利用する場合、利用する会社や業者と交わした契約で決められた貸出限度額の枠内であればカードを使用して借入ができる仕組みになっています。

 

借入はキャッシュディスペンサー=CDや専用のATMを通じて操作する事ができるため、カードを使って簡単に融資を受けることができます。ATMやCDには、金融機関が設置している専用のもの以外にも、提携している金融機関のATMやCDを利用する事もできるようになっています。

 

2種類の銀行カードローン

 

  • 個人向けカードローン
  • 法人(個人事業主)向けカードローン

 

個人向けのカードローンは不動産などの個人資産や、保有する有価証券を担保として融資を受ける、担保型とそれらを必要としない無担保型があります。

 

一般的に個人向けカードローンでは、担保や保証人などの要らない無担保型のカードローンが主流です。

 

カードローンで使用するカードは、借入の融資専用に発行されたカードを使うタイプと、利用する金融機関のキャッシュカードをそのまま使用できるタイプの2通りがあります。

 

借入の融資専用に使用するカードの場合

その金融機関に口座を開設していなくても利用する事ができるようになっています。専用のカードの場合は、金融機関に預金口座を開設していない場合でも利用する事が可能です。

 

融資額の限度については、それぞれの銀行が提供するカードローンのサービスにより大きく異なります。30万円程の低額の融資から、1000万円といった高額融資を受けられるタイプと様々です。

 

また、基本的に収入がない専業主婦でも借りることのできるタイプや、無利子で借入できる限定期間を設置しているタイプなど、種類も豊富に用意されているので、自身の都合に合うカードローンを選択することができます。

 

銀行カードローンから受けた融資の使い道は基本的に自由ですが、事業資金として利用する事だけはできません。この場合は、法人向けのカードローンが適用されますので注意しましょう。

 

↓銀行カードローン以外も気になる人は↓

カードローンの種類

↓迷ったときは総合ランキングから↓

銀行系カードローン総合ランキング