MENU

より良いカードローンを手にいれるために。解約も考えること

カードローンの解約

 

カードローンに申し込む際、人にはそれぞれに望む条件というものがあると思います。例えば、金利が一番重要すべき優先事項であるとか、限度額を高く設定できるとか、等々。カードローンに望むことは十人十色です。

 

より良い条件のカードローンを持つためには、金利にせよ限度額にせよ、部分的に良くするというのはありえません。前述の金利と限度額というのは紙一重で、どちらかを良くしないと基本的には条件は良くならないでしょう。

 

カードローンを持ち、使いなれてくると「より良いカードローンが欲しい」という考えになるのは当たり前の事です。ところが、そのまま申し込みをするとそのカードの条件事項に満たされない可能性があるのです。

 

カードローンを複数持つということになってしまうのが理由です。そうなのであれば、思い切って解約してしまう、ということも視野に入れる必要があります。

 

今持っているカードを解約することの意義

かなり勇気がいることかもしれませんが、今持っているカードローンを解約してしまうという手があります。カードローンを作るときにはそれなりの苦労もしたし、今不便もないしせっかく作ったのに、と考えてしまいますよね。

 

その気持ちはよく分かります。収入や資産があり、審査に通るだけの余裕があれば申し込みしても問題ないでしょう。

 

注意しなければならないのは、カードローンを持っていて現在までの利用状況や支払いの遅れ等のインフォメーションは全て信用機関に記録されている、という事です。

 

特に借入がないとしても、カードローンを持っているという事実があるという事は、カードローン会社からすると、契約して持っているだけで「借入があること同じとみなされてしまう」場合があるのです。

 

ただ、契約して持っているだけでも、新規のカードローンの審査にはマイナス面と捉えられてしまう可能性もあるのです。

 

それでも、カードローンを持ち利用実績を作るというのも一つの手です。つまりは借りたものをしっかりと返済する能力があると信頼させることが出来るのです。

 

そのため、本命のカードを申し込みする前に別のカードローンを作って、問題なく利用し、信頼を作った後に解約してから本命カードを申し込むというのは最高のカードローンを手に入れるためには非常にプラスに働きます。

 

じっくり考慮し、思い切り良く

ところが、今持っているカードローンの借入枠が見直し出来る場合は、今の実績や信頼をそのまま使った方が楽ですし、堅実な場合もあります。他のカードに手を出さず、最初から本命のカードに申し込みし、限度額を広げて行く、というのも良いでしょう。

 

今契約しているカードを解約するには思い切りも必要ですが、本当に解約して良いのか、現在の契約カードローンでの可能性もしっかりと見極めておきましょう。

 

じっくり考慮し、大きな決断をしてください。カードローンはとっても繊細な問題であるお金にまつわることになるので、よくよく考える必要があります。

↓迷ったときは総合ランキングから↓

銀行系カードローン総合ランキング