MENU

カードローンは手軽ですが安易に借りすぎると危険

綺麗な女性が笑顔で登場するCMが印象に強いカードローンですが、その笑顔の裏には、いざという時にローンを組めなくなるという危険性が隠されています。カードローンの利用には慎重さが不可欠です。

 

一口にカードローンと言っても、色々な業者がカードローンを扱っています。例えば、審査は緩いが金利の高い消費者金融系ローン、手続きは面倒だが金利の低い銀行系ローン、インターネットの利用が便利なネット銀行系ローン、などさまざまなものがあります。

 

ただし、どのカードローンでも同じなのは、返済を滞らせると、後になって肝心な住宅や自動車を購入したい時に、ローンの審査に通らなくなるというリスクを抱えているということです。

 

また当然、借入の額が収入の額を上回るようになれば返済不能となり、事故破産などの債務整理を余儀なくされます。そうなれば、以後正当なルートでの借入は不可能になります。

 

ブラックリストへの登録

カードローンを利用していると、「ブラックリスト」という言葉をよく耳にすると思いますが、ブラックリストとは信用情報機関に登録されている事故情報のことです。

 

ただ、ブラックリストと言っても、そのような名前の帳簿があるわけではなく、利用者の事故記録が全金融機関の閲覧できる信用情報に記載されるということです。

 

具体的には、長期滞納、代位弁済、債務整理の3つの事故情報が記録されることになります。

 

「長期滞納」‐原則的に、3か月以上返済を滞納すると返済事故扱いになります。

 

「代位弁済」‐主に、銀行のカードローンを利用する時に起こる事故です。利用者が返済不能となった時に、利用者に代わってローンの保証をしている保証会社が返済をすることです。借り入れを行った銀行に対する債務が保証会社に移行します。

 

「債務整理」‐債務者が返済不能となった時に、自己破産・特定調停・民事再生(個人再生)・任意整理の4つの手段のどれかを利用することで、債務の処理をすることです。

 

 

現在は貸金業法による指定信用情報機関制度によって、上記の事故情報は消費者金融のみならず、クレジット会社や銀行など、すべての金融業者が把握できるシステムになっています。

 

従って、返済における事故を起こすと、事故の相手である当該金融業者だけではなく、すべての金融業者から借入ができなくなります。

 

なお、事故情報は種類によって違いはありますが、概ね5年〜10年は記録が保管されるため、その間、カードローンは当然のこと、住宅ローンや自動車ローン、学資ローン、クレジットカードなど、すべての借入が拒否されることになります。

 

カードローンを安易に考えていると、大きな痛手を被ることになります。

↓迷ったときは総合ランキングから↓

銀行系カードローン総合ランキング