MENU

利用者が亡くなったら返済や相続はどうなるのか

カードローンでの借り入れは、借入額や1回ごとの返済金額によっては、完済までに非常に時間がかかる場合もあります。可能であれば早めに完済しておきたいものではありますが、事情がそれを許さない場合も多々あるでしょう。

 

返済が長期間にわたれば、その途中で借り入れをした本人、「借入名義人」となっている方が亡くなられる場合もあります。少しネガティブな話題になりますが、本人に完済する気持ちが充分にあっても、不慮の事故や病気によってそれが叶わなくなってしまう場合もあるのです。

 

そんな時、残されたご家族にとって残りの返済がどうなるのかは、とても気になることだと思います。ここでは万が一に備えて、ローンを完済しないうちに借入名義人が亡くなってしまった場合の対処法などを紹介します。

 

継続か放棄か、ローンの引継ぎとは

ローンの返済を残して借入名義人が亡くなった場合、戸籍上の実子に当たる方が相続権と同時に支払義務を負うことになります。たとえ親子関係が良好ではなく、長い間交流が途絶えていてもそれは変わりありません。

 

もちろん、相続権を放棄すれば同時に支払義務も負わずに済むことになります。

 

ただし支払義務だけを放棄することは出来ませんから、財産を相続してローンの残金を返済していくか、ローンの返済をしないかわりに財産の相続を諦めるかのどちらかを選択することになります。

 

財産もローン残高も相続するか放棄するかの選択は、亡くなられた方との関係を考慮して選択をする場合もありますが、返済残高と財産の総額によって選択する場合もあるでしょう。

 

相続税を考慮に入れても、返済残高よりも財産のほうが多ければ財産を相続して、その相続した中から返済をする方法を取るのが良いでしょうし、財産よりも返済残高のほうが多いようであれば、無理をしてまで返済をするよりは、財産の相続ごと放棄してしまったほうが良いかも知れません。

 

相続の意思決定にも期限がある

財産を相続するか放棄するかの意思表示が一定期間行なわれなかった場合は、自動的に相続することになりますので、どちらを選ぶにしてもこの点には注意が必要です。

 

精神的に辛い時期であり、また葬儀などを含めて何かと忙しくなる時期でもありますが、特に相続権の放棄に気持ちが傾いている場合には早めに心を決め、意思表示をする必要があるのです。

 

相続権の放棄は法律に認められた権利です

相続権を放棄することで故人のローン返済をせずに済ませるというのは、果たすべき義務から逃げているように思えるかも知れませんが、これは法律に認められた遺族の権利なのです。

 

残された家族が前を向いて生きていくためには、その生活が第一でなければなりません。故人の借り入れを、残された家族が無理をしてまで返済していく義務はないのです。もし放棄という選択をしなければならなくなっても、思い悩む必要はないのです。

↓迷ったときは総合ランキングから↓

銀行系カードローン総合ランキング