MENU

返済日の設定

カードローンの返済期日の設定は各業者によってまちまちになっています。また、利用者が指定できるカードローンの場合は、給料日などを考慮した上で、決めることが大切です。

 

返済日が同一期日

毎月、決められた同じ日に返済する方法です。カードローンによって、業者があらかじめ設定している場合もあれば、利用者の任意の日を指定できたり、業者の指定した日の中から選択できたりするケースもあります。

 

中には、利用者の給料日から起算して何日以内のいずれかの日を返済日とするというものもあります。

 

ただし、どのカードローンにおいても、「繰り上げ返済」といって、返済期日以外の日に返済することは自由です。特にカードローンにおいては利息が「日割り計算」になっているため、1日でも早く、1円でも多くのお金を繰り上げ返済することが非常に有効になります。

 

なお、繰り上げ返済で注意が必要なのが返済した日です。

 

返済期日が同一日になっている場合は、繰り上げ返済をした日付によっては前月分の追加返済と取られる場合があります。そのため、利用者は当月分の繰り上げ返済のつもりでいても、業者は当月分の返済が未払いと処理することになります。

 

通常の返済とは別途に繰り上げ返済する場合は問題ありませんが、通常の返済分を前倒しで支払う場合は支払い日に注意が必要です。

 

ちなみに、同一期日のメリットは常に同じ日なので、「忘れた」ということが起こりにくくなります。また、生活費における収支計画も立てやすくなります。デメリットとしては、転職した場合など、返済期日を変更する場合は、契約変更の手続きをしなければならないことです。

 

返済日が35日サイクル

消費者金融のカードローンの特徴と言えるのが、「35日サイクル」という返済期日の設定の仕方です。少々分かりにくいのですが、今回返済した日の翌日から35日後が次回の返済期日となります。

 

単純計算すると、30日で1回返済するよりも、35日で1回返済してもらった方が、5日分だけ利息が多く取れることになるので、業者にとっては利益が増えることになります。

 

これも、消費者金融の利息の日割り計算がなせる業と言えます。

 

35日サイクルのメリットは、サラリーマンのような収入日が一定ではない人に有効になります。

 

また、給料の他に多額の副収入のある人にとっても、使い勝手の良い返済方法と言えます。デメリットは、返済期日がいつだかわからなくなる危険性があることです。

 

なお、利用者にとっては自由に返済日を指定できる方のメリットが大きくなりますが、業者にとっては返済日を一定にした方がメリットは高くなります。

 

返済日がまちまちになっていると、借入残高の管理が煩雑になり、費やす時間とエネルギーが営業コストのアップにつながります。

 

返済計画をたてるために知っておきたい

カードローン返済方法と返済方式

↓迷ったときは総合ランキングから↓

銀行系カードローン総合ランキング