MENU

なぜリボルビング払いが主流になりえたのか

カードローンで注意したいのは返済方法についてです。きちんと返済できるかどうかは、返済方法をきちんと把握しているかによります。

 

現在、カードローンの主流となっているのは「残額スライド式のリボルビング払い」です。デフォルトでこの返済方法が設定されていることが多く、カードローンの利用しやすさはこの返済方法だからというのもあります。

 

この返済方法の仕組みというのは意外と複雑で、なかなか利用したことがない人には理解しづらいでしょう。そこで今回は、この「残額スライド式のリボルビング払い」についてわかりやすく解説したいと思います。

 

残額スライド式のリボルビング払いとは

説明しようとすると難しいのですが、借入残高に応じて最低返済金額が決まって、それを払い続けるという感じになります。

 

50,000円の借入があって最低返済額が3,000円の場合は、毎月3,000円以上返済していれば、問題ないということです。特に何回に分けて支払いを行うとかは決まって折らず、決まった金額以上払い続けていれば、カードローンを利用できます。

 

毎月の最低返済額は、借入金額が増えると少しずつ増えていくことになります。返済が終わらなくても毎月きちんと支払っていれば、限度額の範囲で追加借り入れもできるのが魅力的です。

 

お金があまりないときはとりあえず最低金額のみを返済しておき、ある程度まとまったお金ができたら多めに返済するということもできます。

 

カードローンが便利なのはこの「残額スライド式のリボルビング払い」のおかげですが、デメリットもあります。

 

まず返済した金額は利息の支払いが優先され、借りたお金の返済はそのあとになります。これがどういうことかというと、毎月の支払金額が少ないと、ずっと利息を払っているだけでいつまでも借金はそのまま残ってしまうということです。

 

もう一つの問題点は「残額スライド式」ということです。これは返済が順調に行われて、借金が減っていくと毎月の最低返済額も減っていくことです(逆に借金が増えれば最低返済額も増える)。

 

毎月の最低返済額が減れば楽になっていいと思いがちですが、返済額が減ればその分だけ借金の返済が遅くなるということです。

 

これは対策が簡単で、最低返済額が減ったからといって喜んでないで、余裕ができたのならその分だけ多く返済すればいいだけです。

 

どれぐらい返せているのかきちんと把握

リボルビング払いは利用者にとっても、カードローン会社にとってもおいしいシステムです。利用者としては毎月最低金額を支払っていれば、限度額の範囲で簡単に借りられるわけですが、それだといつまでたっても返済が終わりません。

 

いつまでも利息を払い続けるはめになってしまいます。

 

カードローン会社としてはいつまでも利息を払い続けてくれる利用者はうれしいでしょうが、やはり余裕があるときはきちんと多めに返済して少しずつ借金を返したいですね。

 

便利だからといって借りすぎずに、計画を立ててどれぐらいで返せるのかをきちんと把握しておくことが大切ではないでしょうか。

 

返済計画をたてるために知っておきたい

カードローン返済方法と返済方式

↓迷ったときは総合ランキングから↓

銀行系カードローン総合ランキング