MENU

カードローンとキャッシングの違いを解説

現代を生きていると、よく『カードローン』や『キャッシング』という言葉を耳にすると思います。

 

このカードローンとキャッシングですが、その正確な意味とそれぞれの違いをご存知ですか?一緒に挙げられることが多いため、内容の認識がごちゃごちゃになってしまっている人も多いのではないでしょうか。

 

カードローン

まず一般的に、カードローンというものは『カードを使用したローンのこと』をさします。ずばりそのままカードを利用して借り入れを行う無担保ローンのことを、カードローンと呼んでいます。

 

キャッシング

一方、キャッシングというのは『融資』そのもののことを表します。これまで日本においては、消費者金融による個人への融資を主としたサービスのことをキャッシングと呼んできたため、キャッシングと呼ばれるものの多くは無担保ローンであるといわれています。

 

カードローンはカードを利用したものとして限定されているのに対し、キャッシングは手法を選ばず融資をさすため、広い意味での意味合いを持つことがあります。

 

しかし、最近ではカードローンのなかでもカードを必ずしも必要としないものも出てきたため、キャッシングとカードローンという言葉の違いは、どんどん曖昧になっていると言えます。

 

カードローン・キャッシングともに無担保のローン

借り入れに際して保証人が不必要であること、審査によって定められた利用限度額のなかであれば、借り入れが自由に行えることという共通の特徴を持っています。

 

以前はキャッシングという言葉が主流であったのに対し、ここ最近ではカードローンという言葉のほうがよく聞かれるようになってきました。

 

その理由は、金融機関の融資についての歴史に関係があります。

 

もともと消費者金融が個人に向けて展開していたローンは『キャッシング』と呼ばれていたのですが、多重債務などの社会問題を経て、キャッシングという言葉ではなかなかお客が集まらなくなっていったのです。そこで登場したのが、『カードローン』です。

 

こちらは銀行が提供しているキャッシングのサービスであり、銀行と消費者金融の業界再編によって、大手の消費者金融が大手都市銀行のグループとして再編された際、新しく考案されたものでした。

 

以前から利用されていた『キャッシング』という言葉の悪いイメージを払拭するために現れたのが『カードローン』であったため、現在ではこちらが主流となっているのです。

 

つまり、言葉の細かい意味に違いがあっても、現代社会においてのカードローンとキャッシングは、同じものであると考えて間違いではありません。

 

もちろん、カードローンは銀行のものだから安心、消費者金融が展開しているキャッシングは危ない、などと言った考えは偏見であり危険な間違いです。

 

どちらも返済が滞った場合には決まりに則って返済を請求され、逆に決まりを守って利用して返済をしていれば、安全なサービスだからです。

↓迷ったときは総合ランキングから↓

銀行系カードローン総合ランキング