カードローンを選ぶ際の注意点

カードローンを初めて利用する際に、自分に合った企業を選ぶ必要があるのは当然とは言っても、数ある中からそれを選ぶのは初心者にとってはとても難しいことです。ここでは特に注意すべきポイントを挙げます。

 

カード選びのポイント

初めてのカードローン選びで特に気をつけたい点は以下の通りです。

・信用度の高い企業であること
・金利や手数料が安いこと
・融資可能額が自分の希望に合っていること
・返済方法や支払い方法に無理がないこと

以上の点をよく比較して選びましょう。

 

各ポイントを更に細かく解説します。

信用度の高い企業であること

信用度の高さの基準とは何を指すのかは、カードローン初心者には判断するのが難しいかも知れません。カードローンを取り扱う各企業の傾向を比較し、信用出来る企業とはどんな企業なのかを判断するための知識を身につけることが大切です。

 

貸金業の団体に登録していること、相談窓口を設置していて借入れや返済などについてのアドバイスを受けやすくしていることは、判断基準のひとつになります。宣伝の方法として、TV等でのCMを用いている企業は大手の場合が多く問題ない企業である可能性が高いのですが、チラシのポスティングで宣伝を行っている業者や、電柱・路地裏の壁・電話ボックスなどにチラシを貼り付けているような業者は、違法なヤミ金である可能性が高く注意が必要です。中でも特に「審査が甘い・即日融資」などという特徴を持っている業者の多くは危険な業者ですので注意しましょう。

 

他企業に比べてあまりにも好条件であったり、他社で断られたりブラックといわれる人でも審査に通れるというような特徴も危険信号です。銀行などの金融機関系列の企業のカードローンは安心・安全であると思って間違いありませんので、一番信用度が高いのは店頭申し込みの銀行カードローンだと言えるでしょう。

 

金利や手数料が安いこと

景気の状況や改正賃金法のおかげで、最近の金利は全体的に低金利になっています。カードローン各社でも金融機関でも、金利は3%〜20%となっていて利用しやすく、そういった面ではカードローンを利用する良いチャンスとも言えます。全体的にそのような傾向にあるのですが、そんな中でも他企業と比較してあまりにも低金利であったり、手数料が安かったりする業者には注意が必要です。

 

融資可能額が自分の希望に合っていること

カードローンを行っている企業によって最高融資額に差があるので、必要なだけの金額を融資してもらえない場合があります。企業ごとの限度額と、実際に自分が借り入れ出来る金額を事前によく確認しておきましょう。改正貸金業法のなかに総量規制というものがあり、これによって他の条件がどうであれ、融資額は最大でも年収の1/3と定められています。現在の借入額がゼロであればこの限度額ギリギリまで融資を受けられる可能性が高くなりますが、すでに他に借入金がある場合はそれに応じて融資してもらえる金額も減ってしまうことになります。

 

銀行カードローンは改正貸金業法の総量規定の対象外ですから、融資の希望額が年収の1/3を超えるような場合には銀行カードローンを選択する手があります。このように法による限度額規制は、同じカードローンでも企業の業種などによって対象になるかどうかが決まりますので、その点も考慮に入れる必要があります。

 

また融資限度額まで借り入れてしまっている状態で、借り入れしなければ生活していけないような状況になってしまった場合には、特別措置も用意されています。

 

返済方法や支払いプランに無理がないこと

返済方法には「元利均等方式」と「元金均等方式」があります。「元利均等法式」は元金と利息を合わせて一定の金額を支払う方法で、「元金均等方式」は元金の一定額に利息をプラスして支払う方法です。このように返済方法によって返済額にも差が出てきますので、返済方法も見落とさずによく確認する必要があります。

 

合計が同じ額でも、一度に借り入れた場合と数回にわけて借り入れた場合では、数回にわけた場合のほうが返済期間が長くなります。この場合、返済期間が長い分だけ金利も多額になり、一度で借りた場合に比べて負担が大きいことになります。クレジットカードを含めて、融資を受ける場合には、少ない金額を借りて早めに完済すると金利の負担が小さくすみます。これも上手に利用するコツです。カードローンも借金のうちのひとつです。必要なときに必要最小限だけを、計画的に利用するように心がけることが、カードローンとの上手な付き合い方と言えるでしょう。


公式サイトへ



銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間

三菱UFJフィナンシャルグループ

3.0%〜18.0%

800万円

最大30日間

審査時間 フリーター・パート レディースキャッシング 即日振り込み

最短30分

なし

>>詳細・申し込み


アコムの特徴
三菱UFJフィナンシャルグループの一員ということもあって、アコムは消費者金融の大手として知られており、キャッシング機能に特化したカード以外にもクレジット機能が付加されたカードが存在するといった独自性も持っています。

その他にもアコムでは、カードローンを利用する際に利息がかからない期間を設ける等、利用する側のことを考慮した嬉しいサービスが行われていることも忘れてはいけません。

大手と呼ばれる消費者金融は他にもいくつかありますが、アコムの場合は古くから存在する企業であり、他のところと比べても最上位とも言えるサービスが確立された会社となっているようです。


公式サイトへ



銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間

SMFG

4.5%〜17.8%

1〜500万円

最大30日間※1

審査時間 フリーター・パート レディースキャッシング 即日振り込み

最短30分

○※3

○※2

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

※2 平日14時までにWEB契約完了が必要

※3 フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

>>詳細・申し込み


プロミスの特徴
テレビコマーシャルで目にすることが多いプロミスですが、プロミスという会社は存在しません。フリーキャッシングとして私達にサービスを提供しているのは、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社という名前の会社であり、プロミスというのはサービスの名称です。

また、三井住友ファイナンシャルグループと資本面で提携していることから、信頼性、財源、サービス等といった面に関しては非常に優れたものとなっており、日本国内のあらゆる場所で、好きな時に簡単にキャッシングを行うことが可能なのがプロミスのキャッシングの魅力となっています。



公式サイトへ



銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間

オリックス銀行

1.7%〜17.8%

最高800万円

無し

審査時間 フリーター・パート レディースキャッシング 最短即日振込

○※1

無し

※1.原則、毎月安定した収入のある方。

>>詳細・申し込み


オリックス銀行の特徴
店舗を持たない銀行の一つとして挙げられるのがオリックス銀行であり、人材に関わる費用等を減らしつつ、質の高いサービスが存在することで広く知られている銀行です。オリックス銀行では、他の金融機関とは違って、全部の金融サービスに力を入れることはせずに、オリックス銀行ならではのサービスを提供していくことに力を入れ、それが売りともなっています。


それが現在においては、あらゆる方が利用することを想定したカードローンが登場していますし、店舗を持たないことで費用面が削減できることから、他の銀行より安い手数料でお金が借りることが可能となっています。


公式サイトへ



サービス名 実質年率 融資枠 無利息期間

SMBCモビット

3.0%〜18.0%

800万円

なし

審査時間 フリーター・パート レディースキャッシング 即日振り込み

10秒簡易審査

○※1

なし

○※2

※1、パート、アルバイトなど安定した収入がある方 ※2、14:50までの振込手続完了が必要です。また、審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。


>>詳細・申し込み


SMBCモビットの特徴
三井住友銀行グループのSMBCモビットは、インターネット上で手続きの全てを完了できる(WEB完結)といったことが一番の売りとなっています。

そのため、お申込みの確認の電話連絡なしにできます。ちなみに、SMBCモビット以外の消費者金融、或いはクレジットカードを作るとなった際には、在籍確認や自宅への書類の郵送は避けられないものとなっています。

また、パソコン、スマートフォンはもちろん、郵便や電話、自動契約機でもお申込みができるといったことから、現在のところ、最も利便性の高い消費者金融と言っても過言ではありません。





公式サイトへ


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間

三井住友フィナンシャルグループ

4.0%〜14.5%

10〜800万円

無し

審査時間 フリーター・パート レディースキャッシング 即日振り込み

○※1

なし

※1原則、毎月安定した収入のある方。

>>詳細・申し込み




公式サイトへ


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間

みずほ銀行

2.0%〜14.0%

最高800万円

無し

審査時間 フリーター・パート レディースキャッシング 最短即日振込

○※1

無し

※1.原則、毎月安定した収入のある方。

>>詳細・申し込み


このページの先頭へ戻る