MENU

カードローンの金利のしくみを理解しましょう

カードローンを申し込んだ際には、申し込んだ人の返済能力の審査がされます。カードローンの金利は、一般には、○.○○%~○.○○%というように金利の幅が設定されています。

 

融資を受ける際に、自分の収入、返済能力によって、どのくらいの金利が設定されるのかを理解しておく必要があります。

 

仮に、10万円の融資を申し込んだ場合には、適用金利は18%となってしまいます。この18%は、法律の利息制限法においては一番高い金利です。

 

これは一番高い金利ですので、これ以上の金利が適用されることはありません。

 

金融機関が設定している金利は幅があるので、仮に下限の金利が低いと思って、契約をしても、適用される時には設定されている上限の高い金利が適用されてしまうことがある、ということを理解しておかなければなりません。

 

残念ながら、金利については、各金融機関のウェブサイトには、あまり詳しく説明されていないのです。予め、自分が融資を受ける際に、金利がどのくらいになるのかは知りたいのに、あらかじめわからないことが多いのです。

 

それでは、どうしたら賢く利用できるのでしょうか。もしも、短期間に、複数の金融機関にカードローンを申し込んでしまうと、実は審査が通りにくくなってしまうことにも気をつけてください。

 

自分に合ったカードローンを選ぶにはどのようなことを基準に選んだらよいでしょうか。

 

上限の金利が低く設定されているカードローンに申し込んでみましょう

幅がある金利表示ですので、下限の金利ではなく、上限の金利をみて、その上限金利が低めの金融機関を選ぶのがいいでしょう。特に、借入金額が比較的少額である時には有効でしょう。

 

金利以外の条件をみて目的に見合うカードローンを選択してみましょう

低い金利というのは、お金を借りる際いは魅力に感じるかもしれまんが、それ以外に自分にとって譲れない条件に合うカードローンを選ばれた方がいいでしょう。

 

例えば、

 

  • 即日の融資が可能である
  • 審査に通りやすい
  • 返済の手数料が安い
  • ポイントサービスがある
  • 家族に知られることなく借りれる
  • 専業主婦であるが融資を受けることができる

 

など自分に必要な条件を満たしてくれるカードローンを選ぶ方がいいでしょう。

 

金利だけに目を奪われがちですが、金利以外の条件を検討して、賢くカードローンを利用されることをお奨めします。

 

融資をしてもらって、借りたお金は、返済期日までに返済できるように、信用を失わないように上手にカードローンを利用することを心がけてください。

↓迷ったときは総合ランキングから↓

銀行系カードローン総合ランキング