MENU

カードローンの適性年齢を考えてみる

カードローン年齢

 

人間には適性年齢というものがあります。年齢を重ねるごとに、自分や自分の回りが変化し、出来ることが増えると同時に出来ない事も出てきます。それでは、カードローンにも適性年齢というものはあるのでしょうか。調べていくうちにわかることがありました。

 

カードローンは二十歳になれば申し込みが出来ます。なぜ二十歳なのかというと、カードローンとはお金を借りる事です。したがって、お金を借りる事に責任をとることの出来る二十歳以上であることとなっています。

 

しかし、申し込みが出来るからといって無条件には貸し出してはもらえないものです。カードローンに適した年齢があったのです。

 

カードローンに適した年齢とは?

出来るだけ条件のいいカードローンが欲しい。そんなあなたには、二十歳過ぎたからといってすぐにカードローンを申し込むのはおすすめできません。なぜなら好ましい年齢ではないからです。

 

一般的には、「二十代半ばから三十代」という年齢がカードローンの好ましい年齢と言えます。実際には、若い方向けのローンもあります。「ヤングローン」といわれるものです。

 

しかし、二十歳だと学生であったり、たとえ就職していたとしても、社会人としてまだまだ経験が浅いという理由で不安定とされ、信用が得にくいとう実情があります。

 

そのため、仕事においてもっとも勢いがあり、社会人として責任のある立場となっている「二十代後半から三十代」が一番適した年齢といえるでしょう。

 

役職がついていれば、さらに良い条件が与えられることもめずらしくありません。役職を持っているということは、高収入で安定しているということにつながっていくからです。

 

自分に見合ったカードローンの作り方とは?

年齢相応にカードローンも良くなっていく。これは一般的な話です。実際には、年齢を重ねたとしても「仕事が不安定だったり転職によって入社歴が短い」という場合は、年齢だけのものさしではうまくいかない事ももちろんあります。

 

大切なことは、「一般的に言われている年齢相応であること」を一つの基準として、自分に見合ったカードローンを作ることです。それにともない申し込み場所や希望条件を変えたりする必要もあるでしょう。→カードローンの申込み基準

 

カードローンはタイミングを見据える

カードローンの申し込みは、早くても遅くてもいけません。タイミングを逃してしまうからです。決して焦らずに、自分のここぞというタイミングを見据えることが大切です。

↓迷ったときは総合ランキングから↓

銀行系カードローン総合ランキング