MENU

カードローンを複数利用する前にすべきこと

カードローン複数借入れ

 

カードローンを利用していると、利用限度額に不足を感じることもあるでしょう。

 

収入を超えるような借り入れをするのは褒められたことではありませんが、滞りなく返済を続けられる範囲での利用でも、大きな買い物でローンを使いたい場合には、限度額が心許なくなることも考えられます。

 

カードローン会社によっては、希望に答えて増額してくれる場合もありますから、申し込みした頃よりも年収が上がっているなど、有利な要素があれば、まずはいま利用しているカードローン会社に交渉してみるのが、限度額を増やす手軽で堅実な方法です。

 

けれど他のカードローンのポイントなどの優待制度を利用したい場合や、複数を使い分けたい場合など、いまのカードローンの他に更に別のカードローンと契約することで、合計の限度額を増やす方法を取りたいという方もいらっしゃるでしょう。

 

そんな方法を取る場合に注意しなければならないのが、総量規制です。

 

総量規制に引っかかると借入ができなくなる

総量規制とは、金融業界が高金利時代であった頃に、返済しきれなくなる方が続出してしまい、それで制定された規制です。

 

当時はグレー金利という、ある規制の上限を上回っているにも関わらず、刑事罰の対象となるもう一つの規制の上限をギリギリ超えないためにセーフとされていた高金利が適用されることが多かったのです。

 

これはバブルの弊害とも言われた風習です。

 

そこで制定された総量規制では、借入合計額を年収の3分の1までと定めています。

 

無理な借り入れを抑制するために作られた法律で、借金をしてまでもギャンブルをしてお金を増やそうとするような人には効果があったようです。

 

その代わりに、この規制が出来てからは、より計画的に、慎重に考えて融資を受ける必要が出てきました。

 

新たにカードローンに申し込み、融資を受けようとしても、この総量規制に収まらない額であれば、当然審査を通ることが出来ませんから、申し込みが無意味になってしまうのです。

 

カードローン会社は年収などもきちんと把握するように努めていますから、申し込む前に年収と現在の借入残高、そして利用限度額などもしっかり考慮しましょう。

 

総量規制は貸金業法の中の規制ですから、銀行カードローンには適用されません。

 

借入金を年収の3分の1以内に収めるのが、返済を考えれば安全ではあるのですが、止むを得ない事情が生じることも考えられますから、記憶の片隅においておくと良いでしょう。

 

自分なりの総量規制を持ちましょう

総量規制を常に意識する必要はないのですが、年収・返済能力に応じた借入額を守るのは非常に大切なことです。

 

法規制を過剰に意識するというのではなく、自分なりに「借金は年収の1/4までにしよう」というようなルールを設け、それを守るように努めることで、返済不能に陥ったり、返済に追われて日々を楽しめなくなったりといった未来を回避することが出来るでしょう。

 

カードローンの審査の基準と流れ

↓迷ったときは総合ランキングから↓

銀行系カードローン総合ランキング