MENU

銀行系カードローンの審査が厳しい本当の理由

カードローンの審査の甘さ

 

カードローンの審査は、一時期甘かったと言われています。それはグレー金利と呼ばれている高い金利が採用され、バブルの時代に横行していました。それ以降のカードローン審査は、全体的に見ても厳しくなっています。

 

現在のように、適正な金利での借り入れが可能になったのは、カードローンの審査の基準が全体的に厳しくなったためであると言うこともできます。

 

審査の通過が容易ではなくなったことによって、誰でも容易に借り入れできるわけではなくなり、借り入れできる人が一定の基準で絞られるようになったためです。

 

今回は審査の甘さや厳しさについて解説していきます。

 

銀行カードローンの審査は厳しく、銀行系カードローン(消費者金融)は甘い?

カードローンで審査が厳しいと言えば、いちばんに挙げられるのは銀行カードローンでしょう。

 

銀行というのは私たちのお金を預ける機関ですから、基準があまり緩いというのも信頼性の面では良いとは言えません。ですので、一概に審査が厳しいということが困ったことではないと言えます。

 

こうして○○銀行のカードローン、と言う以上は、その審査基準は決して緩くはないと判断できます。

 

実は、銀行の名前を銘打ったカードローンでも、なかには違う業者が貸し出し自体を行っている場合もあったりします。ですが、それでもやはり銀行の名前を使っている以上は、その審査の基準はある程度以上の厳しさがあると考えて間違いないでしょう。

 

審査が厳しいといっても、申し込みに気後れする必要はありません。

 

審査に厳しい銀行カードローンには、実際にメリットが多くあります。金利が低いというのがその最たるものですが、初めて持つカードとしても、またベテランとして使いこなすカードとしても、銀行系カードローンは非常におすすめです。

 

審査への申し込みはぜひしてみる価値があると言えるでしょう。

 

また、同じ銀行カードローンであっても、たとえばインターネットのみのネットバンクなどであれば、多少審査が緩いという場合もあります。

 

こちらの金利も銀行とさほど変わりありませんので、ネットバンクを利用したい場合には選択肢として有効だと言えるでしょう。

 

そもそも、カードローンを上手に使う人にとって、審査が厳しいということはあまりマイナスではありません。審査が厳しくて困るという人の多くは、カードローンを使いすぎてしまう人だったりするのです。

 

実際に銀行カードローンを使いこなす人というのは、ここぞという場面で賢く利用する人だと言えるでしょう。

 

銀行系カードローンの審査は甘いのか?

貸金業法が施行されたことによって上限金利が規制されたことから、銀行系カードローン(消費者金融)の審査が厳しくなっています。

 

以前は借りられたのに、今回は審査に落ちてしまった

 

という人も少なくありません。

 

一昔前の消費者金融は利息制限法を超える異常な高金利で貸出をしていたことによって、莫大な利潤を取っていました。従って、貸し倒れが少々あったとしても、十分に吸収するだけの利益が出ていました。逆に言えば、貸し倒れを想定しているから貸出金利を高くしていたこともあります。

 

しかし、上限金利が抑えられたことで貸し倒れに対する枠を設ける余裕が無くなったため、返済の確実な人にしか貸出ができなくなってきています。

 

ただ、すべての銀行系カードローン(消費者金融)が全く同じ審査基準になっているわけではないので、銀行系カードローン(消費者金融)によって審査の厳しさのレベルに若干の違いはあります。

 

銀行系カードローン(消費者金融)の審査におけるメリット

なお、銀行系カードローン(消費者金融)の審査が厳しくなったとはいえ、銀行カードローンの審査とは少し基準が変わります。

 

ただ、法定利息内とは言っても銀行の貸出金利よりは高く、借入額が高額になったとしても、銀行の金利より低くなることはむずかしくなります。金利の点では銀行カードローンの方が有利になっています。

 

しかし、審査の速さという点では、銀行系カードローン(消費者金融)の方が圧倒的に銀行の審査より速くなっています。審査が速いだけに、お金がすぐに手元に入ってきます。

 

実は、銀行系カードローン(消費者金融)を利用する最大のメリットがこの審査の速さにあります。

 

審査の速さと金利の安さの価値判断

カードローンに対して金利の低さだけを求める人がいますが、それは「時間」に対する観念を無視した考え方でもあります。どんなに金利が低かったとしても、必要な時に必要な金額を得られなければ、金利の低さは何の価値もなくなります。

 

例えば、明日支払日なのに、明後日にお金が入っても何の意味もありません。

 

また、欲しい商品が今日までに買えば50%OFFになるのであれば、スピードが命になります。

 

銀行系カードローン(消費者金融)を選択するポイントはスピードにあると言っても過言ではありません。

 

カードローン審査の甘い・厳しいまとめ

銀行カードローンも銀行系カードローンもともに審査は甘くはありません。

 

基準やサービスの違いもありますので、自分の借入れ条件や状況にあったカードローンを選ぶ必要があります。→審査なしのカードローンは危険すぎる!

↓迷ったときは総合ランキングから↓

銀行系カードローン総合ランキング