MENU

審査完了まであと一歩!電話による在籍確認で気をつけたいこと

カードローン審査の電話による在籍確認の内容と回避方法

 

カードローンの審査は、基本的に電話で在籍確認が行われます。

 

人によっては勤務先に電話がかかってくるのが嫌だという方もいらっしゃいますよね。

 

在籍確認の電話内容とは?

電話以外に確認する方法はないの?

 

と疑問に感じている方も少なくありません。

 

そこで今回は、カードローン審査における在籍確認の内容、回避方法について紹介していきます。

 

カードローン審査は電話で在籍確認!その目的とは

 

カードローン審査の在籍確認は基本的に電話で行われます。勤務先に電話をかけ、本当にその会社で働いているのかを確認するのが目的です。

 

申込時にも勤務先を必ず記入しますが、中には下記のような虚偽を行う人もいます。

 

  • 働いているように見せかける
  • 以前働いていた会社を記入する

 

必ず返済してもらうためにも、申込者に返済力があるかどうか、確認することが重要です。

 

在籍確認は勤務先を調査し、十分な支払い能力・収入を持ち合わせているのか、確認するための大事なプロセスになります。

 

カードローン審査の在籍確認で落ちる可能性はないの?

 

在籍確認の電話で、審査に落ちてしまう可能性は十分あります。

 

  • 電話相手が「在籍してない」と回答
  • 電話しても繋がらない

 

上記2パターンの場合では、在籍審査に落ちる可能性が非常に高くなります。

 

「在籍していない」と回答してしまった場合

 

担当者が「●●様はいらっしゃいますか?」と電話をかけてきたとき、職場の人が「当社には●●という者はおりません」と答えるケースがあります。

 

例えば守秘義務を徹底し、個人情報保護の観点から、私用の電話を取り次がないようにしている会社も沢山あります。

 

こういったケースだと「虚偽の申告があった」とみなされる可能性が出てきて、審査落ちの原因となりかねません。

 

電話に繋がらない場合

 

電話の工事や料金未払など、電話が利用不可の状態で在籍確認が行われた場合「この会社は本当に存在しているのか」と疑われることに。

 

結果的に審査落ちの可能性を高めてしまいます。

 

また休日で会社に誰もおらず、電話に出られない時も同様です。

 

対策方法

 

上記2点に当てはまる可能性がある方は、カードローン担当者にその旨を伝えておくようにしましょう。

 

電話をする時間帯を考慮してもらえたり、場合によっては電話での在籍確認ではなく、書類提出による在籍確認で対応してもらえます。

 

在籍確認で知っておきたい3つのポイント!

 

在籍確認を受ける上で知っておきたいポイントを3つ紹介しましょう。

 

これらを理解しておくと、よりスムーズな在籍確認につなげられます。

 

在籍確認は本人が電話を受けなくてもいい

 

在籍確認の際、本人が席をはずしているため第三者がが電話を受けた場合も、問題ありません。

 

電話えを受け取った相手の対応が、「ただいま席を外しております」など、その会社に申込者が在籍していることが確認できればOKです。

 

利用者のプライバシーを守るために配慮を徹底

 

利用者のプライバシーを保護するために在籍確認の電話では、内容が会社に伝わらないよう、担当者の個人名で電話をします。

 

具体例

「〇〇と申しますが、●●様はいらっしゃいますか?」

 

消費者金融は社名を伏せるますが、銀行カードローンの場合は「担当者名+銀行名」を名乗ることがあります。

 

また電話を受けた第三者に内容を問われても、具体的な要件は述べません。

 

つまり在籍確認の電話で職場の人たちに「消費者金融のお世話になるの?」とバレるリスクは限りなく小さくなるよう配慮されています。

在籍確認の電話は「性別・時間」指定も可能

 

各カードローン会社によって条件は異なりますが、電話をかけてくるスタッフの性別や時間帯を指定できる場合もあります。

 

代表的なカードローン会社4社の対応状況については以下の表を参考にしてください。

 

性別 時間指定
アコム ×
プロミス
アイフル ×
SMBCモビット

 

時間指定ができる会社は限られていますが、性別の指定については寛容な会社が多いようです。

 

 

どうしても会社にバレたくない?「電話なし」の在籍確認

 

電話の在籍確認が嫌だ!困る!という方は在籍証明できる書類を提出することで回避できます。
対象となる書類の一例として次の3つが挙げられます。

 

  • 社会保険証
  • 給与明細
  • 源泉徴収票

 

要はその会社に勤めていることが確認できるものです。

 

「何を提出すれば良いのか分からない」
「準備できるもので在籍確認が取れるか気になる」

 

といった方は担当者に相談してみましょう。

 

電話連絡なしで在籍証明できる可能性のあるカードローン会社!

 

次に紹介する3つのカードローン会社は、担当に相談することでを電話連絡以外の方法を取ってもらえる可能性もあります。

 

 

  • アイフル
  • アコム
  • SMBCモビット

 

それぞれ電話確認を回避する方法を紹介しましょう。

 

アイフル

アイフル

 

申込時や、申込確認の折返しの電話で「在籍確認の電話を避けたいのですが」と相談すれば対応してもらえます。

 

原則は電話ですが、勤務先を証明できる書類の提出で契約してもらえます。

 

 

アコム

アコム

 

アイフルと同様、本人確認の際に相談することで、在籍確認の方法を検討してもらえるかもしれません。

 

しかし、原則として電話連絡なので必ず対応してもらえるとは限りません。

 

公式サイトへ

 

SMBCモビット

SMBCモビット

 

WEB完結申込を利用すれば電話連絡を回避できます。ただし次の2つの条件をクリアしている必要があります。

 

  • 三井住友銀行口座の開設
  • 三菱UFJ銀行口座の開設

 

これらの口座を持っている方は電話連絡なしでモビットの契約が可能です。

 

もし口座を持っていなくても、担当者に相談すれば勤務先を証明できる書類の提出で対応してもらえる可能性もあります。まずは気軽に相談しましょう。

 

公式サイトへ

 

銀行系カードローンの場合は書類対応サービスが少ない

 

上記したように、消費者金融系カードローンは書類提出による電話確認の回避に対応していますが、銀行系カードローンの場合は対応していないことが多いです。

 

また在籍確認の電話も銀行名+個人名でかけてくることが多いので、

 

職場の人たちにバレたくない

電話以外の在籍確認を希望する

 

といった場合は消費者金融系カードローンを選ぶのがおすすめです。

 

在籍確認をクリアすればカードローン審査通過もすぐそこ!

 

ということで今回はカードローンの在籍確認の電話について紹介してきました。

 

ポイントをおさらいしましょう。

 

  • 在籍確認で返済能力を確かめる
  • 電話の在籍確認は会社の人が受け取ってもOK
  • 在籍確認は書類でも対応可能

 

以上3点が本記事のポイントになります。

 

あなたの都合に合った在籍確認ができるように対処方法をマスターしておきましょう。在籍確認以外の審査もチェック→カードローンの審査基準