MENU

なぜカードローン審査に落ちるのか?

カードローン審査に通らない3つの理由

 

カードローンを利用したいのに、何故か審査に落ちてしまうと悩んでいる方はいませんか?

 

審査に受からないという状況には、必ず「理由」があります。

 

ここでは、審査に落ちてしまう人によくある理由をピックアップしていますので、自分に当てはまるものがないかチェックしてみてください。

 

カードローン審査に通る確率が高くなるはずです。

 

カードローン審査に落ちる3つの理由

カードローン審査に落ちてしまったとき、まずはその理由を考えてみましょう。

 

闇雲の申込みを続けても審査に通る確率は低くなります。

 

そればかりか短期間に申込みを繰り返している状態は

 

「お金に困っている」=「返済能力がない」

 

と疑われ、審査には通らなくなってしまいます。まず、1度審査に落ちたら3ヶ月以上はあけるようにし、落ちた理由を解決することが大切です。

 

  • 信用情報に事故の記録がある
  • 他の金融業者から融資をすでに受けている
  • 申込み時の入力内容に問題あり

 

信用情報に事故の記録がある

信用事故というと自己破産が有名ですが、そこまではいかなくても

 

クレジットカードで支払いが遅れ、督促がきてしまった

 

というようなことも事故情報として残っています。

 

意外なところとしては携帯料金の遅れによる自己記録があります。毎月の携帯料金には携帯やスマホ本体の割賦代金も含まれてることが多く、未払いから信用情報に記録されることになります。

 

これらのように

 

事故記録=カードローン返済の遅れ

 

というわけではないので注意しましょう。

 

事故情報の種類によって、記録が残る期間は変わってきますが、情報が残っている間は審査に通ることは難しいと思っていてください。

 

信用情報機関の情報開示

 

他の金融業者から融資をすでに受けている

一般的にカードローン審査に通るのは他に2社〜3社程度といわれています。少ないほど審査も有利となります。

 

それを超えている金融業者からの借入れがある場合、高い確率で審査に落ちてしまいます。いずれかの借入れを返済するかおまとめローンを利用し借入件数の整理が必要です。

 

また、今ある借入額の合計も審査に大きく影響する問題になります。

 

消費者金融のカードローンは総量規制の対象になります。(銀行カードローンは対象外)

 

すでに自分の年収の3分の1の額まで借入れがあると、審査には絶対に通りません。他社借入れ数同様、借入総額も減らさなければなりません。

 

すでに他に借入れがあるなら、通常のカードローンではなく、おまとめローンへの申込みをおすすめします。借り入れをまとめる事により、金利が下がり、結果返済総額の減少にもつながることが多いです。

 

申込み時の入力内容に問題あり

入力した個人情報は、大事なカードローンの審査基準になります。

 

自宅の住所や会社の電話番号などが間違っていたりすると、本人確認や在籍確認がとれず、実際は審査に受かっていたはずの状況でも、そのことが原因になって落ちてしまうことになります。

 

急いでいるときなどは入力ミスに注意しましょう。嘘の内容での申込みもすぐにバレますし、審査通過の妨げになるので絶対にしないように。

 

入力ミスはなくても勤務状況により、審査に通りにくくなることもあります。
それは転職後すぐの申込みです。カードローン審査には「安定した収入」が条件にありますが、それを裏付けるためには今の職場にある程度の期間勤めていることが必要となります。安全圏としては6ヶ月〜1年以上です。

 

カードローン審査に落ちる理由まとめ

この3つの条件を満たしていないとカードローン審査に通過することは難しくなります。

 

  • 信用情報をクリアにする
  • 他社借入れを減らす
  • 嘘偽りのない個人情報

 

しっかりと準備し、カードローン審査に申し込むようにしましょう。→審査が甘いカードローンはあるのか?

 

↓迷ったときは総合ランキングから↓

銀行系カードローン総合ランキング