MENU

カードローンの審査基準や流れを知っておくと通過率は上がる

カードローンの審査基準

 

カードローンの利用には審査がつきものです。よく「審査に落ちた」「うかった」という話をきくものの、実際に何を基準に審査されているのかは知らない、という人も多いかもしれません。

 

カードローンの審査基準が厳しいところと、ゆるいところの見極めは、カードローン選択の際の目安の一つとなります。そこで、カードローンの審査基準について比較してみました。

 

系統ごとのカードローンの審査の特徴

まずは系統ごとにカードローンの審査が厳しい順に並べてみます

 

  1. 大手都市銀行
  2. 地方銀行
  3. 流通系・信託系
  4. ネット銀行
  5. 信販系(カード会社)
  6. 大手消費者金融
  7. 中小消費者金融
  8. 闇金

 

大手銀行は金利が低い分、審査は一番厳しいと言われています。銀行カードローンは保証会社の審査を必要としているため、銀行と保証会社の2段階の審査があるので消費者金融等他の系列に比べると審査が厳しくなります。

 

金利と審査の関係

 

  • 金利が低い … 審査が厳しい
  • 金利が高い … 審査がゆるい

 

カードローンでの金利と審査の関係は反比例しています。金利を低く設定している場合、返済が見込めず貸し倒れになってしまう割合を下げなければ企業としては利益が得られず、逆に損失を出してしまうことにもなりかねません。

 

そのため金利を低く設定している場合には、審査が厳しくなる傾向があります。金利を高く設定していれば、貸し倒れの割合にも余裕を持てるため、審査もゆるく、通りやすくなります。

 

抑えておきたいカードローン審査の重要基準ポイント

 

  • 過去に信用事故を起こしていないかどうか
  • 就業状況(収入の安定性)

 

過去に信用事故を起こしていないかどうか

第1関門であり、最大の関門であるといってもいいでしょう。個人の信用情報に、事故情報が何らかの事故情報が記載されていれば、審査に通ることは非常に難しくなります。

 

しかも対処方法は、「事故情報が記載されなくなってから申し込む」ということのみです。

 

自己破産をはじめとした債務整理以外にも、クレジットカードの支払いで督促を受けたことがある、といったことも事故情報になりますから注意しましょう。よくいわれる「ブラックリスト」とは「事故情報が記載されている」ということ「ブラックリスト」なる名簿は存在しません。

 

逆のホワイトリストも存在しません。信用事故を起こした経歴を持つ人を「ブラックリストにのっている」と形容するだけです。

 

ちなみに、ホワイトリストに該当するケースとして、過去に融資をきちんと遅れなく完済している、という履歴があると、審査での信用度は高くなるといわれています。

 

就業状況(収入の安定性)

「安定した収入」があれば、雇用形態は問わないというカードローンがほとんどですが、他の条件と合わせて考えた時に、より信用度が高い雇用形態、年収、勤続年数が確保されていれば、それだけ審査には有利ということになります。

 

雇用形態では、公務員や上場企業の正社員が信用度のトップになり、ついで一般企業の会社員、派遣社員や契約社員、アルバイトやパート、という順になります。

 

自営用や個人事業主の場合、業績や収入状況にもよりますが、審査は厳し目という結果になっています。

 

以上、ここでは2項目を取り上げましたが、実際はもっと多くの項目についてスコアリングされ、合計点数でクリアしているかどうかということと、各項目の最低点数をクリアしているかどうか、ということを基準に審査に通るか通らないかが決定します。

↓迷ったときは総合ランキングから↓

銀行系カードローン総合ランキング