MENU

持ち家は財産!カードローン審査におけるそのメリット

持ち家or賃貸

 

昨今では持ち家の保有率が下がっているとの事。家を建てるコスト自体は下がっています。これは地価の下落に住宅ローンの返済条件緩和によるもので、だったら購入費用も下がって保有率が上がってもおかしくないはず。

 

しかし景気が上がらなければ給料も上がらず、また正社員としての採用も厳しい。この状況が改善されなければなかなか手を出すことはできませんよね。

 

コストが下がれば当然家の価値も下がってしまうのですが、それでも家というのは立派な財産。ですから一定の所得があるなら誰しも家の購入を考えると思います。

 

それでは持ち家だからこそのメリットは沢山ありますが、その中でも借り入れ審査におけるメリットを考えてみましょう。

 

審査の際の判断材料。持ち家がどう判断されるのか?

借り入れ時の審査では住まいの事も対象になります。賃貸か持ち家かで言えば断然持ち家の方が有利です。これは仕事においても住まいにおいても安定重視の金融業界だからこそです。

 

持ち家がある人はその土地に長く住む傾向にあり、安定とも結びつき融資の際の安心材料になるからです。

 

それに勝るのが財産としての価値。住宅ローンでは通常家が担保となりますから、それほど価値のある財産として見られるのです。

 

もし融資を受ける際に住宅ローン返済中であっても、家を購入したという事実が信用につながります。もう返済完了しているならば言う事ありません。立派な信用と財産として確立されているのですから。→カードローンの審査基準

 

家購入とカードローン

持ち家がどれだけメリットがあるかお分かり頂けたでしょうか?先行き不安なこの時代に家を購入するというリスクを考えると、安易に購入できないのは分かります。

 

しかしもう一度家の価値を見直してはいかがでしょうか。一生の財産となり、さらには信用を得るための立派な判断材料になるのです。持ち家とはただの住居ではなく、それ以上に価値ある財産なのです。

 

家の購入、ましてやローンを組んでの購入となればお金の心配が尽きません。急な所得の変化もあれば、子供の教育費で突然出費の多くなる時期もでてきます。

 

病気などで仕事のできない状況が続く事も考えられます。しかしせっかくの持ち家を守りたい、そのような時の為にカードローンを持つのは有効です。

 

いざという時にあなたを、あなたの家族を守ってくれることもあるカードローン。今必要でなくとももしもの為に、カードローンを作ってみてはどうでしょうか。

↓迷ったときは総合ランキングから↓

銀行系カードローン総合ランキング