MENU

本人確認書類も大切

本人確認書類

 

カードローンに申し込むと、審査の過程で必ず、本人確認書類の写しの提出を要求されます。簡易審査や仮審査の時には必要ありませんが、本審査の時には、必ず必要になります。

 

これは現在では、カードローンに限らず、クレジットカードの申込みや、銀行口座の開設、証券口座の開設など、お金に関わることについては、すべてにおいて要求されるものです。

 

この本人確認書類は、一般的には、

 

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポートなど

 

になり、これらのうちの1つないし2つを提示することを要求されます。

 

この中で比較的使いやすく、業者側も便利なのが、運転免許証とパスポートです。それは、この2つには顔写真が付いているので、その書類が本人のものであることが確認しやすいからです。

 

顔写真のない健康保険証は本人確認書類として大丈夫?

しかし健康保険証が、まったく役にたたないのかと言えば、けっしてそうではありません。健康保険証には、別のメリットがあります。それは職業を証明する書類の1つになるからです。

 

例えば公務員共済健康保険証を持っていれば、その人は公務員であることを証明できますし。会社員の社会保険証や組合保険証なども、その種類によっては、勤め先を証明できます。

 

この職業を証明する書類としては、国民健康保険証の力は弱いと言えるでしょう。それは言うまでもなく、定年退職者や学生、無職の人でも持っているからです。

 

この健康保険証の重要性が分かるのが、大手のカードローンであるSMBCモビットの審査です。

 

SMBCモビットでは、指定の銀行口座を持ち、社会保険証か組合保険証を持っている人で、WEB完結なら電話連絡なしで、融資を受けることが可能なのです。

 

この例からも分かるように、勤め先や職業が証明できる保険証を持っていることは、カードローンの申込みに関しては、かなり有利になることは間違いありません。

 

この書類を持っている人は、本人確認書類の提出の際に運転免許証などではなく、これらを提示すれば審査が通りやすくなるでしょう。

 

審査が不安な人はカードローンの審査基準を確認

↓迷ったときは総合ランキングから↓

銀行系カードローン総合ランキング