MENU

誤魔化せない!カードローン審査〜信用機関とあなたの情報〜

信用情報の重要性

 

カードローンを作る時は、必ず審査がありますよね。名前を始めとした各種パーソナルデータを記入し、身分証明書のコピーを添えて提出する……つまり、個人情報を伝えないと、審査もできません。

 

これらの情報が事実と異なる場合……平たく言うと、嘘をついている場合でも、調べるのには限度があります。

 

この嘘は後で大きなマイナスとなるのですが、ローン会社もその辺りはちゃんと想定しています。最低限、今までの借り入れといった、ローンに大きく関わる情報だけは正確に把握しなければなりません。

 

そこで、ローン会社が利用しているのが「信用機関」と呼ばれる場所です。

 

信用情報はどこにある?

あなたの情報は「信用機関」に記録されています。この信用機関では、カードローンといった審査の申し込みから借り入れ状況、更には過去に支払いに遅延があったかどうか等、あなたのローンに関する情報は全てリアルタイムに記録されています。

 

したがって、同時申し込みや同じ場所への再度申し込みなどが不利になってくるわけです。

 

いくら小手先で誤魔化そうとしても、ローン面に関しては、一切の虚飾が不可能です。まさに、あなたの今までの行動が審査時に反映されるのです。中でも、特に遅延は致命的なマイナスポイント。仮審査の時点で、延々と落とされ続けることも。

 

そして、俗に言うブラックリストと呼ばれる、破産宣告をされた方について。このブラックリストという単語自体は、専門用語ではなく俗称です。この破産宣告の記録は残り続ける為、当然、カードローンやクレジットカードなどの審査は通りません。

 

「自分は二度と審査が通らないのか……」とお嘆きの方。

 

まだチャンスはあります!こうした悪い情報を含めた全ての記録は、保存期間が定まっているのです。この期間を過ぎれば白紙に戻るため、そこからは、再び審査に通る可能性はあります。

 

白紙の状態というのは、ローンの信頼実績も存在していないということで厳しい部分もありますが、カードローン審査に有利な職業である等、条件を満たせばチャンスはあります。白紙に戻ってからにはなりますが、気を取り直して申し込みをしてみましょう。

 

信用情報だけではない!カードローンの審査基準

 

あなたの行動が信用をつくる!

たとえカードローン審査に落ちたとしても、それは信用機関のせいではありません。信用機関に記録されている情報は、全てあなたの行動がもたらしたものです。あなた次第で、その情報は有利にも不利にも働きます。

 

信用機関に頼めば、自分の信用情報を閲覧することは可能です。もしも借入などが多岐に渡っているならば、一度は確認しておくべきでしょう。

 

人間誰しも、過去のことは忘れてしまうものです。昨日食べた晩御飯のおかずを思い出せないことだってあります。カードローンも同じことです。お金が必要になった時に、場当たり的にカードローンの申込をしていたら、申込んだ内容を忘れるようになります。

 

しかし、本人は忘れていても、消費者金融に申し込んだデータは消えることがありません。そのデータが何回申し込んでも審査に通らない原因になっている可能性があります。

 

自分の信用情報は信用情報機関に請求すれば教えてもらえます

カードローンに申し込んだ人のすべての信用情報は、指定信用情報機関に登録されています。現在の借入状況から、滞納してしまった情報、果ては、申し込んだだけの情報まで登録されています。

 

そして、消費者金融は申込のあった際に行う審査において、申込者の情報を指定信用情報機関に照会し、借入残高が多くないか、過去に返済事故は無いか、申込書の記載内容と違いはないか、などを必ずチェックしています。

 

実は、利用者の信用情報は門外不出の丸秘情報でも何でもなく、開示手続きをすることで、ケータイやスマホの画面で見ることができるようになります。

 

当然、窓口で見せてもらうこともできますし、郵送で送ってもらうことも可能です。信用情報を見れば、審査に利用されるような情報はすべて確認することができます。

 

カードローンの審査で確認される情報

カードローンの審査では、本人が気にかけていなかった情報まで影響することが少なくありません。

 

例えば、短期間の内に、何気なく審査に通るかどうか確認するために申し込んだり、また、カードを作っただけで実際には借入していなかったりするものも審査に落ちる原因になります。 

 

それらの情報は「申し込みブラック」に該当します。本人は借入金額が無いのだから大丈夫と思っていても、消費者金融からすると、短期間に多くの申込をするのはお金に困っている、借入金額が高額になる恐れがあると判断します。

 

また、審査では申込者から提出された申込書の記載内容と指定信用情報機関から照会した情報を必ず照合します。その時に申込書の記載内容と照会データに違いがあっても審査には影響します。

 

例えば、借入件数や借入残高が少なく記載してある、住所や電話番号が違う、などのことがあれば、虚偽の申告と受け取られかねません。

 

カードローンに申し込んでも審査に落ちることが重なった場合は、一度、自分の信用情報を見て、内容を確認することも必要です。

↓迷ったときは総合ランキングから↓

銀行系カードローン総合ランキング