MENU

カードローンの審査ではどんな職業が有利なのか

カードローンと職業

 

カードローンを契約するにあたっては、融資可能かどうかの審査がありますが、その審査によって融資内容が良くも悪くも変わる可能性があります。審査はだいたい2段階に分かれていますが、まず仮審査として融資が可能かどうかが判断されます。

 

その後、本審査で融資の内容が決定されますから、まず、どのような状況なら審査に通るか考えましょう。

 

カードローン契約の際にどのような状況なら借り入れしやすいのか。

 

有利な条件とは?と考えますと、現在のご職業が重要な役割を果たしています。仕事は簡単に変えられるものではありませんが、それでも、有利な職業について知っておきたいですね。

 

審査で有利な職業

審査で有利な職業は、やはりその仕事に就くのが難しいけれど安定している、というものでしょう。そうした職業は給与もよく安定していますから、返済にあたっても安定していると考えられます。

 

ですから、カードローンの審査で有利と言わざるを得ません。そのような職種に就いている方であればローン自体必要なさそうにも思えますが、大きな出費の可能性もありますから、ローン会社はぜひ借り入れをしてもらいたいと考えます。

 

具体的には公務員でしょう。昨今は給与削減などという話も聞きますが、やはり民間に比べれば絶対の安定性を持っています。ローン会社も安心して契約できるということになります。

 

また、世の中で先生といわれる職業。弁護士や医師も有利です。そもそも年収が高いですし、安定していますから、ローン会社のほうから勧誘する場合もあるようです。

 

審査で少し不利な職業

残念ながら、これとは逆に、審査で少し不利になる職業もあります。カードローン契約が不可能というわけではもちろんありませんが、ローン会社側が少しその安定性に疑問を持ってしまうような職業もあります。その結果、審査が厳しくなるようです。

 

具体的には、自由業といわれるものです。いわゆる会社に属さず、フリーで働いている人たちですね。会社の後ろ盾がない、ということが少し不利になってきますから、審査が厳しくなる可能性があります。

 

また、残念なことに、自営業の方も少し難しくなります。以前であれば、起業する人に対しては融資をするところが多くありましたが、昨今の不況により、なかなか起業資金を借り入れることは難しくなってきました。

 

それとともに、会社を経営している場合には、カードローン契約をするには一部上場でもないと難しくなってきたのです。そうした場合には、事業者向けカードローンというものがありますから、一度検討してみることをおすすめします。

 

そちらのほうが、条件も良く、借り入れしやすいと言われていますから。

 

職業以外に重要な点は?

カードローンを契約するにあたっては、職業が重要なポイントになるということがお分かりいただけたと思いますが、職業がすべてではありません。

 

たとえお仕事をされていなくても資産家であれば状況は変わる可能性がありますし、学生向けカードローンといったものもあります。

 

そのほかにも有利な条件があれば審査結果は変わります。職業を理由に諦めず、何か良い条件となるものはないか周りを見てみましょう。→カードローンの審査基準

↓迷ったときは総合ランキングから↓

銀行系カードローン総合ランキング