MENU

カードローンを申し込む際に嘘をついてはいけません!

審査と嘘

 

よく嘘も方便と言いますが、カードローンを申し込む際には絶対に嘘をついてはいけません。審査が通らないという状況になる可能性があります。

 

カードローン会社はあなたを信用してお金を融資してくれます。それゆえに、嘘は絶対についてはいけないのです。信用を損なうことは重大な契約違反に繋がるのです。

 

カードローンを申し込む際にいい条件で申し込みたい融資枠を高くしたいと思い、提出書類などで年収・勤務歴の嘘をついてします場合があるかもしれません。

 

しかし、それは間違いです。なぜならば、嘘は発覚する可能性が非常に高いからです。簡単に嘘をつくのはリスクが高すぎるのです。

 

カードローン審査で嘘をつくリスク

まず、カードローンを申し込む際、身分証明書を提出しなくてはいけません。そこには、あなたのパーソナルデーターが記載されています。なので、始めに提出した書類と身分証明書のデーターが違えば嘘が発覚するということになるのです。

 

また、融資額が高くなると収入証明書を提出する必要があります。この収入証明書には年収などの情報が記載されています。つまり、実際の年収などもすぐにわかるということになるのです。

 

あなたに関わる重要な事項であればあるほど、カードローン会社は確実に調べてくるのです。なので、下手に嘘をついても、カードローン会社にはすぐにわかってしまうということをよく覚えておく必要があります。

 

信用度を失うことは借入を困難にする

さらに、嘘をつくことで、カードローン会社にこの人は信用できないと思われてしまいます。嘘をつかなければ、融資してくれたかもしれないのに嘘をついたことによりこの人には何か嘘をつかなければならない不都合があるのかもしれないと思われる可能性もあります。

 

そうなると、借入が難しくなるかもしれません。

 

つまり、カードローンを申し込む際に嘘が及ぼす影響は非常に大きいのです。カードローンを申し込む際には信頼できる人物と思ってもらう必要があるのです。

 

嘘をついて借入をしてもらおう、借入額を高く設定してもらおうなどと思うよりも現在の自分の状況を素直にカードローン会社に話しましょう。誠実な態度で審査に挑む方が、まだカードローン会社が信用してくれて融資を検討してくれる可能性があります。

 

申し込む前にカードローンの簡易審査を利用して自分に合ったカードローン会社を探してみるのもいいかもしれません。

 

もう一度言います、カードローンを申し込む際に嘘は絶対にいけません!→カードローンの審査基準をクリアするために

↓迷ったときは総合ランキングから↓

銀行系カードローン総合ランキング