MENU

カードローンの審査と固定電話は関係ある?

審査と固定電話

 

カードローンの審査の基準は、業者によって違います。そかし大きな基準は同じと言っても良いでしょう。それは一言で言えば、貸したお金を利子をつけてしっかりと返してくれるのかです。

 

しかしその判断基準は、業者によって違います。そのためにある会社からは融資を受けることができたのに、他の会社からは融資を受けることができなかったということになるのです。

 

そしてその基準は公開されていないため、審査が通らなかったことについてのいろいろな憶測が飛び交うことになるのです。今回はその憶測の1つである固定電話の有無が審査に関係するのかについて考えてみましょう。

 

固定電話があると有利?

現代では携帯電話が一般的となり、独身の家だけではなく、若い夫婦の家庭であっても固定電話を置く家が少なくなってきたことが現実としてあります。

 

そもそも固定電話があると有利であるというのは、昔は固定電話を引くには一定額以上の保証金を用意する必要があり、固定電話自体が資産であると見られていたことがあります。

 

そしてもっとも大きな理由は、返済が滞った時などにすぐに連絡をとる手段が、固定電話しかなかったからです。

 

また現在ほど個人情報の保護が重要視されていなかった時代では、固定電話の移動先を追いかければ、融資した人物と連絡がとれなくなるというようなこともほとんどありませんでした。そのような前提があることで、昔は固定電話があると審査に有利だと言われてきました。

 

実はあまり関係ない!携帯電話のみでも問題なし

固定電話があると審査に有利だった理由を考えれば、現在ではあまり意味を成さないことはわかってくると思います。固定電話の権利は、現在では資産としての価値はなく、固定電話の情報を追いかけて転居先をつかむことなどは、現実的にできなくなっています。

 

そして延滞の督促は、確実に連絡がつく携帯電話であれば、固定電話である必要はないのです。

 

しかし現在であっても、携帯電話よりは固定電話のほうが番号を変えたり、解約をして連絡がとれなくなるリスクは少ないために、審査において加味される可能性がまったくないとは言えませんが、それによって本来通らない審査が通るといったような過剰な期待を抱かない方が良いでしょう。

 

固定電話にも、少なくないお金がかかります。融資を受けるために固定電話を引く、あるいは保持しておくというのは、本末転倒な考え方と言って良いでしょう。あまり理由がつかない都市伝説には、惑わされないようにしましょう。→カードローンの審査基準

↓迷ったときは総合ランキングから↓

銀行系カードローン総合ランキング