MENU

スピーディーな審査。カードローンの審査の仕組みを知ろう!

仮審査と本審査

 

カードローンの審査スピードには、銀行カードローンと銀行系系カードローンでは差があります。しかし、昔の貸付と比較すると審査スピードは格段に早くなっています。

 

では、審査のスピードはどのような仕組みになっているのでしょうか?それは、カードローンの審査が二つに切り分けられていることに起因しています。仮審査と本審査と聞けば、納得できる人も多いでしょう。

 

カードローンの審査には、仮審査と本審査が存在していることは周知の事実ですが、名前から内容がおおよそ予測できても、その具体的な内容まで知っている人は少ないと思います。

 

そこで、仮審査と本審査の違いについて説明していきます。審査の内容を知っていれば、臆することなく申込みができますよね。

 

仮審査と本審査の仕組み

 

  • 機械的に行われる仮審査
  • 人間が行う本審査

 

機械的に行われる仮審査

仮審査とは最低限の必要事項を調査して、そもそも融資可能か不可能か、ふるいにかける作業です。金利や融資枠などの細かい部分は、本審査で決定されることが多いのです。

 

仮審査は機械によって行われることが多いため、特に最近ではインターネットから申込みをした場合、申込み後数分で結果の合否が判断されることがあります。この仮審査を効率化することができるシステムがあるからこそ、審査スピードが向上したと言えます。

 

しかし、仮審査は機械化されていますが、大事な項目はしっかりと人間の目で確認して判断されています。

 

人間が行う本審査

仮審査で融資の合否が決定されたら、次に本審査が待っています。仮審査の時には通過できた項目でも、本審査の時に落とされる可能性もあるので、注意が必要です。本審査と言えば、その代名詞ともいえる在籍確認電話です。

 

これはさすがに機械では行えないので、人間が最終確認の意味合いも兼ねて会社や自宅に電話をかけます。

 

ここまでが基本的な審査なのですが、先ほど述べた通り、本人確認書類をチェックするのは人間の目で行っているので、電話が来たから審査が終わったと思うのは早計です。正式な契約締結するまでは、どちらに転ぶか分かりません。

 

仮審査と本審査は効率化プラス確実性

以上のように、仮審査の機械化など人間の手間を省くシステムにすることで、現在の審査スピードが維持されています。もちろん、他にも審査基準は存在していますが、この基準は内部の人間しか知ることができません。

 

もしその内容が世間に流出した場合は、即座に基準が改定されますので、内容に関しては、職業や年収というような大きなポイントを押さえておけば充分です。

 

仮審査と本審査の両方とも通過しなければカードローンは契約できません。審査は二つに分かれていますが、通過するための基本をしっかり把握しましょう。

 

審査が不安な方におすすめの記事

カードローンの審査に落ちないためにクリアすべき5つの基準

↓迷ったときは総合ランキングから↓

銀行系カードローン総合ランキング