MENU

長く利用してカードローンの金利を抑えよう

カードローンの金利を下げる方法

 

カードローンご利用の際、気になるポイントの一つは金利ではないでしょうか。

 

返済総額は金利によって随分差ができますから、少しでも金利を抑えた借り入れをしたいと考える人はたくさんいます。

 

カードローンは上限金利と下限金利の範囲内で、金利が決まります。初めてのカードローン利用では、下限金利での融資は望めないのが現状です。

 

ではどうやって金利を下げればよいのでしょうか。

 

詳しく解説していきます。

 

金利を下げればカードローンを長く上手に利用できるようになります。

 

カードローンの金利を下げるための方法

特に長くカードローンを利用しようと考えている場合、カードローンを申込みした時点で確認しておきたい部分なのですが、金利が変更できるかどうかを確認しておくことはとても重要です。

 

今はこれぐらいの金利でも支払っていけるだろうと思っていても、長く支払いを続けているうちに、不況になったなどなんらかの原因で支払いが厳しくなってしまう場合もあります。先のことも考えて金利の変更が可能かどうか確認しておきましょう。

 

自分の利用しているカードローンが金利の変更が可能であれば、ローン会社に変更の依頼をお願いすることができます。

 

また限度額を変更することにより金利を下げてもらえる場合があります。

 

しかし、審査が必要となってきますので、審査状況によって内容は異なってきます。

 

そしてもう一つは信用問題が関わってきます。今までの使用実績なども審査で見られることになりますので、延滞などはしていなかなどチェックされることになります。

 

優良な利用者であれば審査にも通りやすくなって金利も下げてもらいやすくなります。

 

アコム 3.0〜18.0%
プロミス 4.5〜17.8%
SMBCモビット 3.0〜18.0%
アイフル 3.0〜18.0%
みずほ銀行カードローン 2.0〜14.0%
ソニー銀行カードローン 2.5〜13.8%
イオン銀行カードローン 3.8〜13.8%

 

金利を下げるには信用が大切?

金利の変更をお願いする場合には信用状況がとても大切になってきます。毎月しっかりと返済をしているようであれば、ローン会社の信用も高くなってきますのでその分金利を下げてくれやすくなります。

 

しかし何度も延滞を繰り返し、督促なども無視しているような人であれば相談にのってもらえなくなってしまうこともあります。優良な利用者であれば問題ないので、毎月しっかりと返済するようにしましょう。

 

金利で悩んでいるのであれば、まずはローン会社に直接相談してみることです。素直に今の状況を説明して相談すれば親身になって話を聞いてくれる会社も多いようです。

 

しかしそれも信用があればこそです。

 

初めての方でも諦めないで!無利息キャッシングで賢く借りる

初めての方は無利息キャッシングを利用することで金利を0にすることができます。

 

数週間から1ヶ月の間ではありますが、金利0円で借りられるのははじめての方の特権となります。短期間の借入れであればこのサービスを利用すれば、低金利で借りるよりもお得になる場合があります。→無利息キャッシング比較

 

 

考えられる限り低金利のカードローンを作る

カードローンには主に銀行系と消費者金融系の二択がありますが、銀行系でカードローンを作るのがオススメです。なぜなら、消費者金融系に比べて圧倒的に金利が低いからです。その差は一目瞭然です。

 

銀行系のほうがカードローンの種類は少ないですが、初めての方が消費者金融系のカードローンを持つのは考え物です。

 

ですが、消費者金融系にもメリットがあります。無金利特典など内容次第では銀行系より低金利で借り入れができる場合がありますので情報収集は欠かせません。

 

更に自分の年齢や立場に適合するような、対象者が絞られているカードローンもお得ですから見逃せません。一般的には学生ローンや30代前半の方に適用されるヤングローンなどです。

 

若者である事が強みになるカードローンが多数ありますからこれを利用しない手はありません。審査が通りやすく、金利も控えめなのがこれらの特徴です。

↓迷ったときは総合ランキングから↓

銀行系カードローン総合ランキング

カードローンの金利を下げることが長く利用するコツ!関連ページ

上限金利と下限金利