MENU

上限と下限をしっかり比べてお得なカードローンを選ぶ

カードローンを利用するとき何が一番気になりますか?やはり金利ですよね。金利以外のサービスにいかに魅力があっても、実際借りやすさや返しやすさに直結するのは金利、当然1番気になります。

 

金利というと、最も低い値である下限金利と呼ばれるものに目がいきます。

 

実際ローン会社でも、その点を前面に押し出して宣伝していますが、時には最も高い値である上限金利や、上限金利と下限金利の間の金利にも、目を向けることが必要となってきます。

 

長く上手に利用していくためにも、上限金利なんて想定外と考えず、まずは自分がどれくらいの金利から借入できるのかを知るところから始めてましょう。カードローン金利の決定には、皆さんが思う以上に様々な要因が絡んでいて奥深いものなのです。

 

上限金利と下限金利どちらがお得?

上限金利とは、その会社の中で最も高い状態の金利のことで、下限金利とはその会社の中で最も低い状態の金利の事をいいます。勿論誰でも最も安い状態の金利で借入れたいのですが、こればかりはそうそう簡単にはいかないものなのです。

 

始めてカードローンを利用する場合

 

初めての申込みですので、当然これまでの利用実績がなく、カードローン会社としては貸し出しの基準となる情報が不足している事になります。

 

更にお仕事が正社員ではなく、派遣社員やアルバイトなどだったりした場合、安定性に欠けると思われてしまい、借入限度額は下がり金利は上がってしまいます。

 

初めての場合はカードローン会社も様子をみる必要がある為、仕方の無いことなのでしょう。こういう状況になると分かっていれば、下限金利を気にするよりも上限金利に目を向け、上限金利が安い方に申し込んだ方がお得になります。

 

初めて利用する人が自分に合ったカードローンを選ぶ

幅がある金利表示ですので、下限の金利ではなく、上限の金利をみて、その上限金利が低めの金融機関を選ぶのがいいでしょう。特に、借入金額が比較的少額である時には有効でしょう。

 

金利以外の条件をみて目的に見合うカードローンを選択

低い金利というのは、お金を借りる際いは魅力に感じるかもしれまんが、それ以外に自分にとって譲れない条件に合うカードローンを選ばれた方がいいでしょう。

 

例えば、

 

  • 即日の融資が可能である
  • 審査に通りやすい
  • 返済の手数料が安い
  • ポイントサービスがある
  • 家族に知られることなく借りれる
  • 専業主婦であるが融資を受けることができる

 

など自分に必要な条件を満たしてくれるカードローンを選ぶ方がいいでしょう。

 

金利だけに目を奪われがちですが、金利以外の条件を検討して、賢くカードローンを利用されることをお奨めします。

 

融資をしてもらって、借りたお金は、返済期日までに返済できるように、信用を失わないように上手にカードローンを利用することを心がけてください。

 

安定したお仕事で年収も十分な場合で高額借入れを希望する場合

初めての利用の場合でも上限金利になることはまずありません。カードローン会社としては、年収に余裕が有り返済が確実な方には、たくさん借り入れてもらった方が利益が得られます。

 

よってそういう方には、初めから十分な借入限度額を準備し、安い金利設定で借入しやすい状況を用意してくれます。そうなると下限金利が安いところの方が断然お得になります。

 

間の金利を狙うのもお得?

上限金利や下限金利ばかりでなく、間の金利を考えることも必要です。優良利用を続けるうちに、限度額は段階的に上がり、金利は段階的に下がってきます。

 

よってその間の金利を参考に選ぶ事も必要です。あまり表立って知らされていない情報も、丁寧に調べてみましょう。

 

カードローンの上限金利と下限金利まとめ

金利というのは、その時点での自分の状況で大きく変動するものです。上限金利、下限金利、間の金利を把握し、今の自分に一番お得なものを選ぶようにしましょう。

 

カードローンを申し込んだ際には、申し込んだ人の返済能力の審査がされます。カードローンの金利は、一般には、○.○○%〜○.○○%というように金利の幅が設定されています。

 

融資を受ける際に、自分の収入、返済能力によって、どのくらいの金利が設定されるのかを理解しておく必要があります。

 

金融機関が設定している金利は幅があるので、仮に下限の金利が低いと思って、契約をしても、適用される時には設定されている上限の高い金利が適用されてしまうことがあるということを理解しておかなければなりません。

 

↓迷ったときは総合ランキングから↓

銀行系カードローン総合ランキング

上限金利と下限金利で重要なのはどっち?カードローン金利の見方関連ページ

カードローンの金利を下げる方法