MENU

遅延損害金というのをご存じでしょうか

融資を受けたお金を返済期日までに返せなくなるとどういった責任をとるのでしょうか。借りたお金を返済できない、ということは、借りた側が返済義務を果たせないということになります。

 

これは、いわゆる債務不履行と呼ばれます。債務不履行となった場合には、融資をしてくれた金融機関に損害賠償を与えたことになるので、損害賠償金を支払うことになります。その損害賠償金が遅延損害金といわれるものです。

 

遅延損害金とはいくらくらいになるのでしょうか

融資をする際に、金融機関は契約書の中で、遅延損害金を定めています。実は金融機関のウェブサイトでも確認できる情報ですので、契約される時はこの遅延損害金にも目を通しておきましょう。

 

損害遅延金は法律で金額の上限が定められています。

 

遅延損害金の上限はどのくらいでしょうか

法律で定められている遅延損害金の上限は、制限利率の1.46倍とされています。それ以上については無効とされています。

 

融資をする金融機関によって、上限を超えない範囲で、遅延損害金の利率は設定されています。

 

遅延損害金が設定されていないのはどのような場合でしょうか

遅延損害金が定められていない場合には、遅延損害金は発生しないことになっています。ほとんどのカードローンやキャッシングを提供する金融機関では、遅延損害金は定められているはずです。

 

融資を受ける際には契約書をよく確認されるとよいでしょう。

 

また、遅延損害金の金利は高めに設定されることがありますので、借りたお金は返済期日までに返済をするようにしましょう。

↓迷ったときは総合ランキングから↓

銀行系カードローン総合ランキング