利用限度額と利用極度額

利用限度額と利用極度額

 

カードローンのスペックを見ていると「利用限度額」と「利用極度額」の2つが記載されていて、一体どっちが借りられる上限額なのか分かりづらいことがあります。

 

「利用限度額と利用極度額って何が違うの?」
「私たちに適用されるのはどっちなの?」

 

と気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで本記事は利用限度額と利用極度額の違い、なぜ極度額を提示する必要があるのか、どうすれば限度額を増やせるのか、などについて紹介していきます。

 

この記事を参考にして、利用を検討している、あるいは利用中のカードローンで借りられる金額を確認してみてくださいね。

 

利用限度額と利用極度額の違い

カードローンを利用すると、契約書に利用限度額と利用極度額が記載されていますが、この違いは一般的にはとても分かりにくいものです。

 

ここでは、その違いを明らかにするために限度額と極度額を説明していきます。

 

利用限度額とは

カードローンにおける利用限度額とは、現在の信用状況で借りることができる最大の金額のことを意味します。

 

利用者は、この限度額の範囲内であれば、何度でも借入が可能。

 

しかし、年収額や他社の借り入れ状況は当然個人差があるので、利用限度額は契約者ごとに違います。

 

カードローンを提供する金融機関は、ホームページなどで最高の利用限度額を公表していますが、これも業者によってバラバラです。

 

カードローンの場合は200万円〜900万円前後に設定されていることが多いですが、誰もがこの上限でお金を借りることができるわけではありません。

 

実際の利用限度額は、年収などの信用情報によって、一人ひとりに決められます。

 

つまり業者の最大利用限度額の設定が200万円になっていても、融資審査の結果、その人の利用限度額が50万円になることがほとんどなのです。

 

利用極度額とは

利用極度額とは、契約した時点で融資可能な最大金額のことです。

 

カードローンでは、大きめの利用極度額で契約を結び、利用限度額はそれよりも低くなるのが一般的です。

 

利用限度額の範囲内であれば、自由に借り入れることが可能ですが、利用極度額での借り入れはできません。

 

例えば、契約極度額が100万円で利用限度額が30万円なら、現時点では30万円までお金を借りることができます。

 

しかし、利用状況が良好で30万円以上の貸付をしても問題がないとカードローン会社が判断すれば、将来100万円まで利用限度額がアップする可能性があるということになのです。

 

貸金業法の総量規制対象のカードローン業者であれば、極度額は年収の1/3を超えてはいけません。

 

従って、契約極度額を年収の1/3にする業者もいますが、それより低い金額で設定する金融機関もあります。

 

また、個人に貸し出し可能な最大金額を極度額とするところもあれば、利用限度額と極度額を同じ金額にする業者もいます。

 

利用限度額は予告なく銀行が増減することがある

利用限度額は必ずしも一定とは限りません。予告なく、突然上下することがあります。

 

利用限度額が上がる場合と下がる場合のそれぞれのケースを見てみましょう。

 

利用限度額が上がる場合

 

次の3点に当てはまると利用限度額がアップする可能性があります。

 

  • 適切な利用実績を積み重ねている
  • 年収が増えた
  • 他社借入を完済した

 

最も重要なのは利用実績です。

 

適度に借入し、1度も延滞することなく使い続けている人は利用限度額がアップしやすくなります。

 

また申込時に他社借入のある人は、少なめの利用限度額が設定されがちです。これを完済すると、借金が少ない状態とみなされ、限度額アップに繋がることがあります。

 

 

利用限度額が下がる場合

次の3点に当てはまると利用限度額が下がる可能性が高まります。

 

  • 延滞を繰り返した
  • 年収が下がった
  • 新規で他社借入を行った

 

上記したように、利用限度額は利用実績に基づいて上下するものです。

 

延滞や滞納を繰り返してしまうと利用者の信用が悪くなるので、利用限度額が減額される可能性がおおいにあります。

 

また、信用の低下同様、返済能力が下がることも限度額の減額原因になります。

 

例えば、年収が契約時より大幅に下がったり、新たに他社のカードローンを利用すると、返済するのがその分大変になります。

 

従って、このような場合、残念ながら限度額が減枠されてしまうのです。

 

大きな極度額を設定する意味

ここまで見てもらったら分かる通り「極度額=利用限度額」でも全く問題ありませんよね。

 

結局、私たちが借入できる上限額は利用限度額なわけですから。

 

にもかかわらず、各カードローン会社は「極度額>限度額」で記載しています。

 

その理由として次の2点が挙げられます。

 

  • 見栄えが良いから(インパクトがある)
  • 増額の可能性がある

 

「限度額50万円!」と書かれているよりも「極度額500万円!」と記載されていた方が「何だか沢山借りられそう…?」と思いませんか。

 

上述した通り、誰でも極度額いっぱいまで借りられるわけではありませんが、何となくたっぷり貸してもらえそうな印象を受けますよね。

 

また利用実績や年収に応じて限度額を増額できます。

 

極端な話、カードローンを利用している最中に、信用力をメキメキと高めていけば、極度額いっぱいまで増額できる可能性も。

 

もちろんそう簡単に実現できるものではありませんが、きちんと返済をしていけば増額をしてもらえるというのは、よりよい待遇を将来的に受けられる可能性があります。

 

従って、カードローン会社としても、そういった増額を可能にする状態にしておく必要があるのです。

 

極度額の変更方法

限度額の増額は、利用者が申告する場合と銀行側が与信調査で勝手に増減するケースがあります。

 

しかし、極度額の増額は、契約内容が変わるので必ず手続きが必要です。

 

金額を上げるには、契約時よりも信用が上がっていないと審査にまず通りません。

 

  • 年収が上がった
  • 他社の借り入れがなくなった
  • 延滞を一度もしていない

 

契約時よりも返済能力が向上し信用の評価が高まっているなら極度額変更の審査に通る可能性がでてきます。

 

ここでは、具体的な極度額の変更方法をいくつかご紹介します。

 

プロミス

 

プロミスの契約額(借入極度額)を変更したい場合は次の3つの方法で変更手続きを行います。

 

  • インターネット会員サービス(パソコン、携帯、スマホ)
  • プロミスコール(0120-24-0365 土日祝日含む、9:00〜22:00)
  • 店頭窓口または自動契約機に来店

 

手軽に変更手続きができるのはインターネット会員サービスでしょう。パソコンやスマホで「ログイン→限度額変更の手続き」にて簡単に申し込めます。

 

その後、審査。審査は原則即日で行われ、無事通過すれば増額が認められます。

 

ただし次の2つの条件に該当する方は収入証明書の提出が必要になります。

 

  • 希望利用額50万円以上
  • 希望利用額+他社借入残高の合計が100万円を超える

 

収入証明書は次の3点のうち、いずれかを提出してください。

 

  • 源泉徴収票(最新)
  • 確定申告書(最新)
  • 給与明細書(直近2ヶ月)

 

もちろん総量規制の範囲内までしか限度額を高められません。
具体的には、希望利用額は年収の1/3までです。

 

公式サイトへ

 

アコム

 

アコムは「契約極度額=利用限度額」で扱い、明確に区別していません。そのためシンプルに考えられるので分かりやすいです。

 

申込方法は次の5つが挙げられます。

 

  • 電話(0120-629-215 土日祝日含む9:00〜18:00)
  • 会員ページ
  • 自動契約機(むじんくん)
  • 店頭窓口

 

会員ページからの増額申請は24時間対応しているので、こちらがおすすめです。

 

自動契約機、店頭窓口から増額申請する場合は運転免許証などの本人確認書類を用意しましょう。

 

審査は原則申込当日に回答。

 

利用状況などから希望に添えないこともありますが、審査に通過すれば増額が適用されます。

 

総量規制によって、増額できる上限額は年収の1/3まで。

 

それ以上の借り入れを希望する人は年収を上げる必要があります。

 

公式サイトへ

 

実際、融資可能な金額の表記は金融機関で違う

融資可能な金額の表記は金融機関によって異なります。

 

次の表は、カードローン各社の貸付条件に記載されている限度額をまとめたものです。

 

プロミス

ご融資額

500万円まで

アコム

ご融資額

1万円〜800万円

アイフル

契約限度額または貸付金額

800万円以内

SMBCモビット

商品限度額

1万円〜800万円

三井住友銀行カードローン

ご契約極度額

800万円

みずほ銀行カードローン

ご利用限度額

10万円〜800万円

三菱UFJ銀行「バンクイック」

利用限度額

10万円〜500万円

オリックス銀行カードローン

ご利用限度額

最大800万円

 

 

厳密には限度額と極度額は別のもの。しかし利用する私たちからすれば、重要なのは実際に借入できる上限額となる「限度額」ですよね。

 

そのため、多くのカードローン会社はこれらを区別せずに、同じ意味で用いているのが見て取れます。

 

利用限度額と利用極度額のまとめ

 

今回はカードローンの利用限度額と利用極度額の違い、そして増額方法などをまとめました。
ポイントをおさらいしましょう。

 

  • 利用限度額は現在借りられる最大の金額
  • 利用極度額は契約時点の融資可能最大金額
  • 両者は別物だが、実際に影響するのは「利用限度額」なのでさほど気にする必要はない

 

以上3つにまとめられます。

 

「利用限度額と利用極度額の違いがよく分からない」
「どうすればもっと沢山お金を借りられるの?」

 

という方は、この記事を参考に、より多く借入できるように利用中のカードローンの増額申請を行ってくださいね。

 

おすすめ銀行系カードローン



公式サイトへ

銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三菱UFJフィナンシャルグループ 3.0%〜18.0% 800万円 最大30日間
審査時間 フリーター・パート レディース 即日振り込み
最短30分

>>詳細・申し込み


アコムの特徴

三菱UFJフィナンシャルグループの一員ということもあって、アコムは消費者金融の大手として知られており、キャッシング機能に特化したカード以外にもクレジット機能が付加されたカードが存在するといった独自性も持っています。

その他にもアコムでは、カードローンを利用する際に利息がかからない期間を設ける等、利用する側のことを考慮した嬉しいサービスが行われていることも忘れてはいけません。

大手と呼ばれる消費者金融は他にもいくつかありますが、アコムの場合は古くから存在する企業であり、他のところと比べても最上位とも言えるサービスが確立された会社となっているようです。

初めてのアコム




公式サイトへ



銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
SMBCグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間※1
審査時間 フリーター・パート レディース 即日振り込み
最短30分 ○※3 ○※2

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

※2 平日14時までにWEB契約完了が必要

※3 フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

>>詳細・申し込み


プロミスの特徴

テレビコマーシャルで目にすることが多いプロミスですが、プロミスという会社は存在しません。フリーキャッシングとして私達にサービスを提供しているのは、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社という名前の会社であり、プロミスというのはサービスの名称です。

また、SMBCグループと資本面で提携していることから、信頼性、財源、サービス等といった面に関しては非常に優れたものとなっており、日本国内のあらゆる場所で、好きな時に簡単にキャッシングを行うことが可能なのがプロミスのキャッシングの魅力となっています。

パッとピッとプロミス




公式サイトへ



銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
オリックス銀行 1.7%〜17.8% 最高800万円 無し
審査時間 フリーター・パート レディース 最短即日振込
○※1 無し

※1.原則、毎月安定した収入のある方。

>>詳細・申し込み


オリックス銀行の特徴

店舗を持たない銀行の一つとして挙げられるのがオリックス銀行であり、人材に関わる費用等を減らしつつ、質の高いサービスが存在することで広く知られている銀行です。

オリックス銀行では、他の金融機関とは違って、全部の金融サービスに力を入れることはせずに、オリックス銀行ならではのサービスを提供していくことに力を入れ、それが売りともなっています。

それが現在においては、あらゆる方が利用することを想定したカードローンが登場していますし、店舗を持たないことで費用面が削減できることから、他の銀行より安い手数料でお金が借りることが可能となっています。

しなやかにオリックス銀行カードローン




公式サイトへ


サービス名 実質年率 融資枠 無利息期間
SMBCモビット 3.0%〜18.0% 800万円 なし
審査時間 フリーター・パート レディース 即日振り込み
10秒簡易審査 ○※1 なし ○※2

※1、パート、アルバイトなど安定した収入がある方

※2、14:50までの振込手続完了が必要です。また、審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

>>詳細・申し込み


SMBCモビットの特徴
三井住友銀行グループのSMBCモビットは、インターネット上で手続きの全てを完了できる(WEB完結)といったことが一番の売りとなっています。

そのため、お申込みの確認の電話連絡なしにできます。ちなみに、SMBCモビット以外の消費者金融、或いはクレジットカードを作るとなった際には、電話連絡や自宅への書類の郵送は避けられないものとなっています。

また、パソコン、スマートフォンはもちろん、郵便や電話、自動契約機でもお申込みができるといったことから、現在のところ、最も利便性の高い消費者金融と言っても過言ではありません。

スピード感あふれるSMBCモビット




公式サイトへ


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三井住友フィナンシャルグループ 4.0%〜14.5% 10〜800万円 無し
審査時間 フリーター・パート レディース 即日振り込み
○※1 なし

※1.原則、毎月安定した収入のある方。

>>詳細・申し込み




公式サイトへ


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
みずほ銀行 2.0%〜14.0% 最高800万円 無し
審査時間 フリーター・パート レディース 最短即日振込
○※1 無し

※1.原則、毎月安定した収入のある方。

>>詳細・申し込み


このページの先頭へ戻る