利用限度額と利用極度額

カードローンを利用すると、契約書に利用限度額と利用極度額と記載されています。この違いは、一般的にはとても分かりにくいものです。

 

限度額とは

カードローンにおける利用限度額とは、現在の状況で貸付を受けることができる最大の金額のことを言います。利用者は、この金額の中で借入をすることができます。カードローンの場合、この金額の範囲であれば、何度でも借入をすることができます。そしてこの利用限度額の設定は、個人によって違います。消費者金融を始めとするカードローンを提供する業者は、ホームページなどで、最高の利用限度額を公表しています。

 

この金額も業者によって違いますが、カードローンの場合は概ね、200万円〜900万円前後に設定されています。しかし誰もが、この上限の金額を借りることができるわけではありません。実際の利用限度額は、年収などの信用情報によって、一人ひとりに決められます。つまり業者の最大利用限度額の設定が200万円になっていても、融資審査の結果、その人の利用限度額が50万円になることがほとんどなのです。

 

限度額の設定方法

一人ひとりの利用限度額は、年収や勤務先の継続年数、これまでの借入の履歴などの信用情報を元に、各業者が独自に設定します。一般的には、申込み当初の利用限度額は低めに設定してあり、利用を積み重ねて、しっかりとした返済をしていくことで、利用限度額は大きくなっていきます。またよく誤解されますが、他社で利用状況は、融資の可否の審査には関係しますが、利用限度額にはあまり影響しません。

 

それぞれのカードローン会社は、他社へきちんと返済しているのかの情報は分かりますが、いくらの利用限度額の中でいくらを借りていて、いくらを返済しているかは分からないからです。ただし他社からの借入に対して、しっかりと返済しているという情報が、評価されて、利用限度額が若干高めに設定されることはあります。

 

利用極度額とは

カードローンは一般的に、大きめの利用極度額を設定して契約を結び、利用限度額はそれよりも低い額に設定されます。利用限度額範囲内であれば、自由に借り入れることが可能ですが、利用極度額の範囲であっても、利用限度額を超える場合には、変更手続きが必要になります。

 

なぜこの様な面倒なことをしているのかというと、年収や信用情報などから判断した場合には、極度限度額まで貸すことができるけど、始めは少なめにして、その人の利用状況を確認してみるといった事情のようです。したがって返済などに問題がなければ、簡単な手続きで、利用極度額までの利用限度額の変更はしてもらうことができます。



公式サイトへ


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間

三菱UFJフィナンシャルグループ

3.0%〜18.0%

800万円

最大30日間

審査時間 フリーター・パート レディースキャッシング 即日振り込み

最短30分

なし

>>詳細・申し込み



公式サイトへ


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間

SMFGグループ

4.5%〜17.8%

1〜500万円

最大30日間※1

審査時間 フリーター・パート レディースキャッシング 即日振り込み

最短30分

○※3

○※2

※1 プロミスポイントサービスにお申込された方が対象

※2 平日14時までにWEB契約完了が必要

※3 フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

>>詳細・申し込み



公式サイトへ


サービス名 実質年率 融資枠 無利息期間

モビット

3.0%〜18.0%

800万円

なし

審査時間 フリーター・パート レディースキャッシング 即日振り込み

10秒簡易審査

○※1

なし

○※2

※1、パート、アルバイトなど安定した収入がある方 ※2、14:50までの振込手続完了が必要です。また、審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。


>>詳細・申し込み


>> 人気ランキングを全て見る

このページの先頭へ戻る