MENU

おまとめローンと他のカードローンの相違点

ここではおまとめローンと他のカードローンの違いと、長所と短所をそれぞれ紹介していきます。

 

おまとめローンの金利は上限が低く、下限が高くなります。しかし、他のカードローンはちょうどその反対になります。

 

実は、カードローンの金利は上限が銀行カードローンよりも低くなるように設定される傾向が多いです。その目的は、多重債務者が抱えている月々の返済額を圧縮するためです。

 

例えば、おまとめローンを利用して債務を一本にまとめた結果、金利がかえって高くなりますと返済額が増えてしまいますが、金利が低くなりますと反対に返済額を減らすことができるからです。

 

金融機関がおまとめローンを紹介する際に、そのメリットとして返済額が圧縮できると説明することが多く、実際に債務者はそれを目的におまとめローンを利用しますので、上限金利を12パーセントから14パーセントと低く設定することが多いのです。

 

カードローンは限度額内であれば、自由にお金を借りることができます。おまとめローンは目的は債務の返済になります。

 

おまとめローンの特徴

限度額内であれば、借入後も追加で融資を受けることができるカードローンと違い、おまとめローンは債務を返済して一本にまとめることが目的になりますので、限度額に空きがあっても基本的に追加でお金を借りることはできないようになっています。

 

もちろん例外もあり、東京スター銀行は限度額まで余裕があれば追加で借りることができますが、多くの金融機関はATMでの借入を制限するところが多いです。

 

他のカードローンと比べるとおまとめローンで借りられる限度額は高くなります。他のカードローンと比べて、審査スピードはおまとめローンの方が長くなります。

 

35日サイクルといった返済がカードローンならばできますが、おまとめローンでは毎月の指定日に返済することが多いので、それまでに現金を用意する必要があります。

 

複数のローンがあるならおまとめがおすすめ

↓迷ったときは総合ランキングから↓

銀行系カードローン総合ランキング

おまとめローンとカードローンの違いについて関連ページ

複数のカードローン
おまとめローンの審査
過払金請求について