MENU

おまとめローン利用後でも過払い金請求はできる

カードローンの利息は、賃金業法によって18%と決められています。この利息制限よりも金利を多く支払ってしまっていた場合は、超過分を金融機関から取り返すことができるのです。

 

このシステムを過払い金返還請求というのですが、これは実は、おまとめローンを利用して過去に完済済みとなったカードローンに対しても、適用することができるということをご存知ですか?

 

現在は賃金業法で金利上限18%と利息制限が定められていますが、賃金業法と出資法が改正された2010年6月以前には、賃金業法と出資法それぞれに利息制限があり、出資法では29.2%という利息制限が設けられていました。

 

実際に刑事罰の対象だったのはこの出資法であったため、本来守られるべきだった利息制限法の利息を超えて貸付が行われていても、罰せられないという実情でした。当時はこれを、グレーゾーン金利と呼んでいました。

 

利息制限法の金利は、元本が100,000円未満であった場合の年利が20.0%、 元本が100,000円以上1,000,000円未満であった場合の年利が18.0%、元本が1,000,000円以上であった場合は年利が15.0%になるように定められていました。

 

おまとめローン完済後の過払い請求は?

複数のカードローンを併用していて、ばらばらだった債務を一本化しまとめて返済するローンのことを、おまとめローンと言います。

 

つまり、それ以前の過去に借り入れしていたカードローンは完済済みの状態になっているはずですが、こうしておまとめローンを利用している場合でも、過払い金返還請求をすることができるのです。

 

なぜなら、過払い金返還請求の権利というのは、取引終了のときから10年以上経って初めて時効を迎えるため、それまではいかなる場合であっても、利息制限以上の金利は過払い金として請求することが可能なのです。

↓迷ったときは総合ランキングから↓

銀行系カードローン総合ランキング

おまとめローン利用後の過払金請求について関連ページ

複数のカードローン
カードローンとの違い
おまとめローンの審査