MENU

注意点を踏まえて、カードローン融資が受けれるようになるまで

カードローン融資をお考えの方、カードローン融資が実行できるまでにはいくつかの段階があります。その流を把握して出来るだけ無駄なくスムーズに融資を受けることができるよう準備を進めていきましょう。

 

まずはインターネットで申込手続きをしましょう。

各カードローン会社のホームページを開き、申込フォームに必要事項を記入の上、送信します。

 

この時の注意点はここ!

記入ミスに注意しましょう。誤字や脱字、打ち間違いなどは審査の際、減点の対象となります。丁寧に打ち込み、送信前には必ず確認しましょう。すべて正直に記入しましょう。

 

審査の際に嘘の申告が発覚すると、その時点で失格となり、カードローン融資は利用できなくなります。

 

各カードローン会社の審査を待ちましょう。

インターネットで申し込んだ内容をうけて、各カードローンを提供している金融機関が、審査を始めます。

 

審査の期間は申し込んだ会社によりまちまちですが、大抵の場合、銀行系のカードローンや、クレジットカードの審査は1週間程度、そのほか消費者金融系のキャッシング会社などは、即日の場合が多いようです。

 

勤務先へ在籍確認の電話がある場合があります。

申込者の在籍確認をとるため、申込の際記載した勤務先に電話がかかってきます。

 

この場合、個人の携帯で個人名を使い「○○と言いますが、○○さんいらっしゃいますか?」と、知り合いの様にかかってきますので、会社の人たちに、カードローンの企業である事を知られることはありません。ご安心ください。又最近では、この在籍確認を行わない会社も、消費者金融系カードローンを中心に増えています。

 

この時の注意点はここ!

きちんと繋がる電話番号を記入しましょう電話が繋がらない場合、審査で減点されます。また「その名前の者は、当社に在籍しておりません。」と言われた時点で、審査は通りません。

 

契約内容の確認が入ります。

在籍確認がとれ審査を通過すると、適応金利や限度額など、最終の契約内容の確認が行われます。

 

即日融資可能なカードローン会社の場合は電話での確認となり、即日融資以外の銀行系カードローンなどは、郵送やメールで契約内容確認資料が送られてきます。

 

この時の注意点はここ!

審査の結果をきちんと確認しよう。審査の評価次第では、自分の希望する借入額や、限度額とは違っていることがあります。必ず確認しておきましょう。

 

必要書類を提出しましょう。

各カードローン会社から必要書類の提出を求められます。まずは本人確認書類として、免許証や健康保健証、パスポートなどと、収入証明書として源泉証明書や課税証明書、給与明細書や確定申告書などの提出が必要となります。

 

即日融資可能なカード会社へは必要書類をスキャンしてメールで提出、それ以外のカードローン会社には郵送されてきた資料に返送する場合がほとんどです。

 

カードを受け取りましょう。

全ての手続きを終えるとカードが発行され、郵送されてきます。即日融資可能なカードは、発行された時点で融資を受けることが可能になります。

 

消費者金融系のカードも郵送で届きますが、プライバシーの配慮を最優先して、会社名など分からないよう郵送してくれますので、安心です。

↓迷ったときは総合ランキングから↓

銀行系カードローン総合ランキング