MENU

無担保で保証人なしでカードローンが申し込めるのはなぜか

無担保で、保証人も不要でカードローンの借り入れはできます。それゆえ、手頃なのですが、何故そのような仕組みになっているのでしょうか。

 

カードローンの金利は一般に、5%〜18%といわれています。これと、住宅ローンを比べてみましょう。住宅ローンの金利は1%〜2%ですから、カードローンの金利がいかに高いかがおわかりでしょう。

 

担保がある住宅ローンは、住宅が担保になります。もし、返済が滞ってしまうと、銀行は担保を売ってお金を回収できます。担保をとることにより、銀行はリスクを極力小さくしています。そのため、金利は低くなっています。

 

担保がないカードローンは、返済が滞ってしまうと、担保がないので、金融機関はお金の回収ができなくなります。担保がないため、金融機関は高めに金利を設定しているのです。

 

銀行のカードローンに申し込む際には保証人が必要

金利が低いといわれる銀行のカードローンですが、実は、保証人の代わりに保証会社が存在しています。銀行から融資を受けた方の返済が滞ってしまった場合には、保証会社が個人に代わって銀行にお金を返済します。

 

このシステムを代位弁済といいます。保証会社は返済が滞った個人の代わりに銀行にお金を返済するのですが、融資を受けた個人の返済義務がなくなったわけではありません。

 

保証会社はあくまでも、融資を受けた個人の代わりにお金を返済してくれているので、融資を受けた個人は保証会社にお金を返済する義務があります。保証会社に返済する際には、金利が高くなるなど、銀行から借りた時よりも厳しい条件になっていくことをご理解ください。

 

この保証会社は、消費者金融会社です。銀行から融資を受けた際は、低金利で安心していても、返済が滞った場合には、保証会社から厳しい取り立てをされることを覚悟しておかなければなりません。

 

銀行のカードローンで融資を受けても、銀行に返済期日までに返済ができなければ、保証会社である消費者金融に返済する義務が残るのです。

 

銀行ではじめに融資を受けた時よりも、保証会社は高い金利を設定していますから、返済が滞らないように計画的に返済できるように心がけるようにしてください。

 

手軽に利用できるようになったカードローンの仕組みを理解して、賢くカードローンを利用されることをお奨めします。

↓迷ったときは総合ランキングから↓

銀行系カードローン総合ランキング