MENU

老後生活のため持ちたい。年金暮らしでもカードローンは作れる?

年齢を重ね、定年退職を迎えたら、いよいよ老後の余暇生活に入ります。今までは企業戦士だった方は、やりたくても仕事に忙殺される毎日を送っていたため、先延ばしにしていたことも多いでしょう。悠悠自適な第二の人生がスタートしたと言えるでしょう。

 

老後の生活を支えるものと言えば、今までの積み重ねてきた貯金と年金です。そのために年金の支払いをしてきたわけですから、受給を受けるための手続きはしっかりと行い、損することがないようにしたいものです。

 

しかし、近年では不況の煽りを受け、金銭的な負担が市民に重くのしかかっています。その中でも、かつては将来安泰と言われていた年金システムが脆弱化し、大幅な年金の支給額カットが実施されています。これは、定年退職されたお年寄りの生活に打撃を与えているのです。

 

今まで積み重ねてきた貯金と言っても、この不況下で働いていては給料も伸びなかった方も多いはずで、その金額は心許ないのが現状です。あてにしていた年金も予定より減額されて…なんとも世知辛い世の中です。

 

そんな時、緊急でお金が必要となった場合に借入の枠を持っていれば、安心して生活することができます。たとえ使わなかったとしても、精神的な安定に繋がります。しかし、若い時にカードローンを作らなかったから、今から作るのはもう無理だと諦めないでください。

 

年金暮らしでも作れるカードローン

カードローンを作るには、現在の職業が審査に影響することを知っているからこそ、すでに定年退職された方は審査を通過できるか不安を抱えていることが多いです。

 

しかし、現在では主婦の方でも独自の審査によってローンを組むことができるように、ご年配の方でも年金という収入があることで、カードローンを発行することができるのです。

 

ただし、限度額などは現役で働いている人と比較すると小さくなりますし、ご年配といっても七十歳以上の方に関しては審査が厳しくなります。

 

一般的な定年退職年齢が六十五歳位だとすると、リタイヤしてから五年間以内にカードローンの審査を受けておいたほうがよいということになります。

 

しかし、資産の有無や審査を受ける銀行と多額の取引実績がある場合は、結果は変わることもありえます。カードローンの申込み前に、ご自身の身辺を一度整理してみてはいかがでしょうか。

 

カードローンと生涯付き合う

好条件でカードローンを作るなら、二十代から三十代の間で申込みたいものですが、もし定年退職後に作ったとしても、万が一の備えという観点で考えれば十分な内容です。特に退職後は、年齢的にも体力的にも再就職は厳しいものです。

 

いつでも利用できる融資枠は、いつどんな事が起こるか分からない中、あなたをきっと支えてくれます。

 

若い時だけではなく、老後も利用できる便利なカードローン。必要になった時に急いで作るのではなく、できるだけ好条件で作れる時期に申込みをして、いざという時の備えにしましょう。

↓迷ったときは総合ランキングから↓

銀行系カードローン総合ランキング