MENU

知っていますか?銀行のカードローンは在日外国人も利用できることを

2、3世代にわたって日本に住んでいる外国籍の人も、今では少なくありません。多くは、日本の学校で日本語で教育を受けて来た人たちです。

 

そういった外国籍の人々は、日本の国籍を持たないというだけで、不便なことが多くあります。例えば、住宅ローンを組んだ上での家の購入などは、なかなか難しいのが現実です。

 

在日外国人がカードローンを利用するためには、厳しい審査に通る必要があります

日本の金融機関は、「外国籍の人は、もし何か問題が起きた場合、国外に出てしまう恐れがある」ということを警戒して、カードローンの審査を厳しくしているのです。

 

金融機関は、「外国籍の人がカードローンを組んだ後で母国に帰ってしまい、2度と日本に戻って来なくなる」というリスクを絶対に避けたいわけです。その気持ちは理解できますが、2世、3世の人の場合、多くは国外に帰る場所など存在しないのも、また事実です。

 

「外国人登録証や永住権のある外国籍の人が、カードローンの審査に通るのは、せいぜい消費者金融までだろう」と思われている人が多いようですが、実は、銀行のカードローンも利用できます。

 

例えば、日本有数のメガバンク「みずほ銀行」のカードローンは、日本の永住権を持ってさえいれば申し込めます。

 

銀行と金融会社の提携によって出来た子会社の、いわゆる「銀行系カードローン」であれば、多くの会社が外国籍の人でも利用可能となっています。代表例がプロミス(三井住友銀行系)のカードローンです。

 

また、オリックス銀行、イオン銀行、じぶん銀行など比較的新しい銀行のカードローン、大手では、三菱東京UFJ銀行のカードローン「マイカードプラス」および「バンクイック」などは、外国人登録証や永住権のある人であれば、申請可能となっています。

 

外国籍の方の場合、日本人に比べると審査が厳しくなりますが、必要な人は申請してみると良いでしょう。

↓迷ったときは総合ランキングから↓

銀行系カードローン総合ランキング