MENU

配偶者に内緒でカードローン

「旦那に内緒でカードローンを利用したい」「結婚前のカードローン利用が夫に影響を与えたらどうしよう」というのが、カードローンを利用している奥様の疑問や悩みになっているようです。ここではそんな奥様から寄せられた質問をいくつかご紹介します。

 

カードローンの利用が夫にばれてしまいませんか?

既婚女性でも、専業主婦ではなく何らかの仕事をしていて収入がある場合には、それがフルタイム勤務の正社員でもパートやアルバイトでも、配偶者である旦那さんに知られずにカードローンを利用することが出来ます。

 

カードローンの利用が旦那さんにばれてしまうのは、借入先からの自宅への電話が原因になることが殆どです。

 

申込時に連絡先として携帯電話の番号を記入しておくと電話は携帯電話にかかってきますし、利用明細をwebで閲覧する設定にしておくと利用明細が自宅に郵送されてくることもありません。

 

ローンカードは発行しているところとしていないところがありますが、発行される場合はその受け取りを窓口でするようにしましょう。

 

こうすることで旦那さんに気付かれる機会をなくすことが出来ます。

 

ただし、支払いの延滞をしてしまった場合には自宅に督促状が届きますし、延滞が度重なるような悪質な場合には自宅の電話にも連絡が入ることが多いので、旦那さんにカードローンの利用を気付かれたくないのなら、延滞をしないことが絶対条件になります。

 

結婚前のカードローンでの債務整理が住宅ローンを組むときにばれることはある?

過去にカードローンやキャッシングで返済不能になり、債務整理や自己破産をしたことがある場合、結婚後に住宅購入のためのローンを組む際の審査で、旦那さんにその過去がばれてしまうのではないか、という心配です。

 

奥様の過去の個人信用情報が金融会社に調査されてしまうのは、住宅ローンの名義が奥様になっているか、保証人が奥様になっている場合です。

 

住宅ローンの名義が旦那さんであれば、審査を受けるのは旦那さんですから、個人信用情報も旦那さんに対してだけ行われます。

 

保証人も個人信用情報の調査は行われるのですが、住宅ローンの場合は保証人が不要なのが普通ですから、あまり心配する必要はありません。

 

収入合算やペアローンなどで奥様が契約者になっている場合以外は何の問題もありません。

 

専業主婦の私がカードローンを利用すると、夫にばれてしまうのでしょうか?

専業主婦のカードローン審査にはほとんどの場合、旦那さんの収入証明が必要です。ですから専業主婦の方が旦那さんに知られずにカードローンを利用するのは殆ど不可能であると思われます。

 

主人にばれずに自己破産出来ますか? 主人の仕事への影響は?

奥様が旦那さんに内緒でカードローンを利用していて、返済が出来なくなり、自己破産に至ってしまった場合です。自己破産や債務整理で配偶者の仕事に影響を与えることはありません。

 

ですから、奥様の自己破産が旦那さんの仕事に影響を与える心配はしなくても大丈夫です。旦那さんの同僚はもちろん、奥様の同僚やご近所の方に自己破産したことが知られてしまうこともありません。

 

ただ、自己破産には収入を証明する資料や、財産の処分が必要になります。そのため旦那さんに秘密にするのは難しいですし、旦那さんの協力なくしては自己破産処理を進めることも出来ません。正直に話して協力をお願いしましょう。

↓迷ったときは総合ランキングから↓

銀行系カードローン総合ランキング