MENU

自営業者のカードローン

自営業者のカードローン審査はとても厳しくなっています。自営業者がカードローンを利用する場合にはどういった点を注意すれば良いのでしょう。以下に自営業者のカードローン利用についていくつかポイントを挙げます。

 

自営業者のカードローン審査が厳しい理由

自営業者のカードローン審査が厳しい理由は、自営業者の収入があまり安定していないことが多いからです。逆に公務員の場合は特に収入が安定した職業であるため、審査にも通りやすくなっています。自営業者の場合には、年収が高くてもカードローン審査に通らないことがあります。

 

カードローンとは、使途自由の無担保ローンですが、使途自由とは言っても利用条件に「事業資金は除く」という但し書きがあります。

 

融資したお金が事業資金として使われても、それを把握することが難しい自営業者は、審査を厳しくすることで事業資金として使いそうな人を判別する必要が出てくるのです。

 

自営業者にはビジネスローンがおすすめ

事業資金の融資を受けたい自営業者には、ビジネスローンを選ぶことをおすすめします。ビジネスローンとは、カードローン同様に無担保で保証人も必要のないローンで、用途を事業資金に限定したものです。

 

カードローンの審査が一般向けのものであるのに対し、ビジネスローンの審査は事業資金としてのものになります。

 

ビジネスローンで審査される点

ビジネスローンの審査は事業資金としての審査になりますので、カードローンとは審査の項目が違います。事業が赤字になっていないか、税金を滞納していないか、何年継続している事業であるか、などという点が審査項目になります。

 

赤字でも、未納分の税金があっても、必ずしも審査に通らないわけではなく、審査の厳しさはビジネスローンを提供している企業ごとに違いますから、諦める前に申し込みをしてみましょう。

↓迷ったときは総合ランキングから↓

銀行系カードローン総合ランキング