MENU

金利が低い銀行カードローン比較ランキング

カードローン業界の中でも銀行カードローンは一般的に低金利です。

 

しかし、様々な銀行で取り扱われているので、どれを選んでいいか悩んでしまいますよね。金利は重要ですが、比較するにはそれ以外にも気にしたいポイントがあるのです。

 

  • 銀行の信頼性
  • レスポンスの速さ
  • 多彩な返済方法(振込、ATM、ネットなど)

 

特に、返済時に手数料がかかると低金利のメリットを最大限活かせません。ここではお得に利用できる低金利な銀行カードローンを比較してまとめています。

 

何を基準に選べばいいか分からない場合はぜひこのランキングを参考にしてみてください。(※弊社サイトおすすめ順)

 

三井住友銀行カードローン

 

公式サイトへ

 

銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三井住友フィナンシャルグループ 4.0%〜14.5% 10〜800万円 無し
審査時間 フリーター・パート レディース 即日振り込み
○※1 なし

※1.原則、毎月安定した収入のある方。

>>詳細・申し込み

 

みずほ銀行カードローン

 

公式サイトへ

 

銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
みずほ銀行 2.0%〜14.0% 最高800万円 無し
審査時間 フリーター・パート レディース 最短即日振込
○※1 無し

※1.原則、毎月安定した収入のある方。

>>詳細・申し込み

低金利の銀行カードローンが借入れ初心者におすすめな理由

お金を借りたら、利息を含めて返さなければなりません。少しでも安く返済しようと思ったら、利息が小さくなる低金利のローンが当然有利です。

 

しかし、金利の低さだけに目を奪われてはいけません。特に返済の方法や手間は、返済額に直結します。

 

銀行やコンビニATMで支払いができるカードローンが多くなりましたが、手数料がかかると金利以外の返済負担が増えてしまいます。銀行振込の手数料も同様。低金利を最大限活用するなら、手数料無料の返済方法が選べる銀行カードローンを選択することです。

 

三井住友銀行の手数料無料ATM

  • 三井住友銀行ATM
  • EnetATM(ファミリーマート、サークルKサンクスなど)
  • ローソンATM
  • セブン銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM

 

また、銀行カードローンは利用限度額が大きくなればなるほど金利が低くなる傾向にあります。しばらく利用したら銀行の方から増額案内が来て、さらに金利を下げることもできますよ。

 

三井住友銀行カードローンの場合

限度額 金利
100万円以下 年12.0〜14.5%
100万円超200万円以下 年10.0〜12.0%
200万円超300万円以下 年8.0〜10.0%
300万円超400万円以下 年7.0〜8.0%
400万円超500万円以下 年6.0〜7.0%
500万円超600万円以下 年5.0〜6.0%
600万円超700万円以下 年4.5〜5.0%
700万円超800万円以下 年4.0〜4.5%

 

限度額が上がると金利は変化します。→三井住友銀行カードローン公式サイト

 

銀行も他の貸金業者も「お金を融資する」という意味では変わりません。

 

しかし、信頼性を重視するなら銀行がいいでしょう。預金は信用や安心感があるからこそできるサービスで、銀行が信頼できる要素の一つでしょう。

 

信頼性に加えて金利が低いので、特に始めてカードローンを利用する人には銀行がぴったりなのです。