MENU

総量規制対象外となるカードローンについて

カードローン会社のキャッシングを利用する場合にしっかり理解しておきたいのが、総量規制というシステムです。この総量規制というのは、借り入れできる上限の金額が利用者の年収の3分の1までである、という規制のことをさします。

 

事前申請の額によって多少の差はあるものの、原則的に年収の3分の1の借り入れが既にある人は、ほとんどのカードローンへの新たな申し込みを行うことはできません。

 

しかし、この総量規制についでは例外的な場合があります。主に消費者金融などによる、『個人向け貸付』の金額が総量規制の対象になっているため、それとは別である銀行の融資や事業資金のために借り入れするなどの場合においては、総量規制の対象にならないのです。

 

つまり、すでに消費者金融から年収の3分の1に達する借り入れ総額がある人は、銀行系のカードローンを利用すると良いでしょう。

 

ここで気になるのが、消費者金融からの借り入れ額が年収の3分の1に達している場合でも、銀行が必ず融資をしてくれるのかという点です。

 

答えは、やはり一概に必ず貸してもらえるとは言えません。融資の前には審査があり、この審査において信用情報機関から得た情報についても判断されるためです。

 

個人の借り入れ履歴や返済履歴をチェックし、そのなかで返済遅延などがなく利用者として優良であれば、消費者金融からの借り入れが既にあっても、銀行カードローンでの借り入れができる場合もあります。

 

総量規制外銀行カードローンランキング

 

総量規制の額は合計

総量規制では、融資を受けることができる金額は、年収の3分の1までと決められていますが、これは1社に対してではなく、業者に関わらず個人向けの多目的ローンで借り入れる合計の金額です。

 

ちなみにこの総量規制は、銀行からの融資や、自動車、住宅、おまとめローンなどの、目的を限定したローンは対象外です。

 

総量規制計算方法

この総量規制では、例えば年収が300万円の人であれば、融資を受けることができる総額は、100万円までとなります。A社から50万の融資を受けていれば、B社から借りることができるのは50万円となります。

 

そしてこれは、実際に融資を受けている金額ではなく融資枠の話ですので、例えば上記の例で、ある会社から100万円の融資枠を受けていれば、実際に借りている金額が50万円であっても、他の会社からの融資を受けることはできません。

 

またこの総量規制は、現金の融資に対して適用されますので、例えばクレジットカードのキャッシング枠は対象になりますが、ショッピング枠は対象になりません。

 

なぜ総量規制をするの?

総量規制が始まったのは、多重債務者の破産が社会問題となったために、それを未然に防止するためです。

 

この総量規制が始まる前は、複数の金融機関から繰り返し融資を受けることで、最終的に返済が不能になって、自己破産に追い込まれる人が少なくありませんでした。

 

総量規制の結果、一定の効果はありましたが、それまでにきちんと返していた人でも、新たな融資が受けられなくなどの副作用もありました。

 

総量規制の対象外は?

総量規制の対称となるのは、いわゆる貸金業者からの借入となり、銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協などからの融資は例えカードローンであっても対象となりません。

 

また自動車ローンや住宅ローンも対象外です。また事業性資金も対象外となります。そもそも多目的ローンを事業性資金に利用することは、基本的に認められていないので注意が必要です。

 

年収の3分の1まで借りることができるとは限らない

申込者に対していくらまでの融資をするのかというのは、総量規制の範囲であれば、業者の判断になります。

 

つまり100万円の年収があるからといって、必ず約33万円までの融資を受けることができるとは限らないのです。その点は、忘れないようにしましょう。

 

総量規制外銀行カードローンランキング