総量規制対象外となるカードローンについて

カードローン会社のキャッシングを利用する場合にしっかり理解しておきたいのが、総量規制というシステムです。この総量規制というのは、借り入れできる上限の金額が利用者の年収の3分の1までである、という規制のことをさします。事前申請の額によって多少の差はあるものの、原則的に年収の3分の1の借り入れが既にある人は、ほとんどのカードローンへの新たな申し込みを行うことはできません。

 

しかし、この総量規制についでは例外的な場合があります。主に消費者金融などによる、『個人向け貸付』の金額が総量規制の対象になっているため、それとは別である銀行の融資や事業資金のために借り入れするなどの場合においては、総量規制の対象にならないのです。つまり、すでに消費者金融から年収の3分の1に達する借り入れ総額がある人は、銀行系のカードローンを利用すると良いでしょう。

 

ここで気になるのが、消費者金融からの借り入れ額が年収の3分の1に達している場合でも、銀行が必ず融資をしてくれるのかという点です。答えは、やはり一概に必ず貸してもらえるとは言えません。融資の前には審査があり、この審査において信用情報機関から得た情報についても判断されるためです。

 

個人の借り入れ履歴や返済履歴をチェックし、そのなかで返済遅延などがなく利用者として優良であれば、消費者金融からの借り入れが既にあっても、銀行系カードローンでの借り入れができる場合もあります。

総量規制対象外のカードローンランキング

公式サイトへ

 

銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間

株式会社新生銀行

4.5%〜18.0%

500万円

最大30日間

審査時間 フリーター・パート レディースキャッシング 即日振り込み

最短即日

>>詳細・申し込み

 

公式サイトへ

 

銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間

楽天銀行

4.9%〜14.5%

500万円

無し

審査時間 フリーター・パート レディースキャッシング 即日振り込み

最短即日

なし

>>詳細・申し込み


このページの先頭へ戻る